【小児科医監修】ウイルムス腫瘍 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
点滴を受ける子どもの手

【小児科医監修】ウイルムス腫瘍

おなかにしこりができる腎臓がん。
【主な症状】腹部のしこり・血尿・嘔吐・発熱
おなかにしこりができる腎臓がん。
【主な症状】腹部のしこり・血尿・嘔吐・発熱

【症状】幼児に多い腎臓がんで、おなかにしこりができる

腎臓(じんぞう)にできる悪性の腫瘍です。腎芽腫(じんがしゅ)とも呼ばれます。傾向として2〜3歳の子に見られることが多く、片側の腎臓にできることが多いようです。

胎児期に腎臓がつくられる過程で、何らかの原因で細胞が変化し、腫瘍になると考えられています。

最初は腹部のふくらみで気がつきます。手でふれると、かたいしこりができます。腹痛、血尿、吐き気を伴うこともあり、病気が進行すると、食欲低下、下痢、便秘、発熱などの症状も見られます。

【治療】早期に発見し、腫瘍のある腎臓を摘出 

腫瘍がある腎臓を摘出し、抗がん剤や放射線療法を行います。

ウイルムス腫瘍は、進行が比較的ゆっくりしているのが特徴。腫瘍ができるがんの中ではもっとも治療成績が良好です。早期に発見できれば、抗がん剤や放射線療法を行わず、腎臓の摘出だけで完治することもあります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当