妊娠中の貧血を防ぐ食事のポイント | MAMADAYS(ママデイズ)
貧血を防ぐ 食事のポイント

妊娠中の貧血を防ぐ食事のポイント

ママの60%が鉄欠乏症貧血になるといわれるほど、妊娠中は鉄分が不足しがち。食べ合わせを工夫して吸収しやすくしましょう。
ママの60%が鉄欠乏症貧血になるといわれるほど、妊娠中は鉄分が不足しがち。食べ合わせを工夫して吸収しやすくしましょう。

食品に含まれる鉄分量

食品に含まれる鉄分量

 鉄分はからだに吸収されにくく、食事でとりにくい栄養素。妊娠中は貧血になりがちなので鉄分の多い食品を意識してとり、からだへの鉄分の吸収を助けるたんぱく質、ビタミンCを合わせてとるとよいでしょう。

 鉄分の多く含む食品は、上記のとおりです。

 かきやあさりは、鉄分はもちろん、たんぱく質もたっぷり含んだ栄養価の高い素材です。とくにかきは、「海のミルク」ともいわれ、ビタミン、ミネラルがとても豊富な食材です。

 鉄分の多い食材としてよく挙げられるのがレバーですが、レバーは、とりすぎるとコレステロールを上げてしまうので、食べすぎには注意します。

ほうれん草は必ずアク抜きを

 ほうれん草はアクを多く含みますが、アクは鉄分の吸収を妨げます。ゆでたら流水にさらしアク抜きを忘れずにしましょう。

ひじきは鉄分が多く低カロリー

 ひじきの煮物をまとめてつくっておくと、ご飯に混ぜてひじきご飯にしたり、ひじき入り卵焼きにしたりと重宝できます。

たんぱく質とビタミンCを同時に

 たんぱく質は魚介類、肉類、乳製品などから、ビタミンCはほうれん草、大根などの野菜、レモン、みかんなどの果物から摂取を。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

関連する記事