おむつ卒業!パンツはいつから履く?トレーニングパンツのおすすめ4選 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
おむつ卒業!パンツはいつから履く?トレーニングパンツのおすすめ4選

おむつ卒業!パンツはいつから履く?トレーニングパンツのおすすめ4選

「おむつ卒業のタイミングは?」「いつからパンツを履いたらいいの?」などトイレトレーニングについて悩むママやパパも多いのではないでしょうか。今回は子どものパンツデビューのタイミングや活用したいトレーニングパンツのおすすめ商品などをご紹介します。
「おむつ卒業のタイミングは?」「いつからパンツを履いたらいいの?」などトイレトレーニングについて悩むママやパパも多いのではないでしょうか。今回は子どものパンツデビューのタイミングや活用したいトレーニングパンツのおすすめ商品などをご紹介します。

おむつ卒業のタイミングは?

おむつ卒業のタイミングは?

おむつを卒業するタイミングは膀胱の発達なども関係しているため、個人差があります。

目安としては、おしっこの間隔が2時間ほど空き、ママやパパの言葉を理解しているようなら、おむつ卒業のタイミングと考えてよいでしょう。

夜間におしっこが出ていなければ、日中にトレーニングパンツを使ってみましょう。吸収性の高いおむつと違い、おしっこが出たときの不快感を子どもが感じやすいので、トイレへのステップに活用できます。

「そろそろトイレトレーニング、はじめたほうがいいの?」「トイレトレーニングって何をすればいいの?」など、初めてのトイレトレーニングには悩みや不安がつきもの。今回はそんな悩みを解決するため、保育士の東あつみ先生にポイントを教えていただきました。

トレーニングパンツには紙製・布製がある

トレーニングパンツには使い捨てタイプの紙製と、洗って繰り返し使える布製があります。

どちらも赤ちゃん用品の販売店や通販サイトで購入できるため、どちらのトレーニングパンツを使用するのか、これからご紹介するポイントを参考に検討してみてください。

紙製トレーニングパンツを選ぶポイント

紙製トレーニングパンツを選ぶポイント

紙製トレーニングパンツのメリットや選ぶときのポイントをご紹介します。

紙製のメリット

紙製のトレーニングパンツはおむつと見た目があまり変わらないので、子どもも抵抗なく履いてくれるかもしれません。さらに、おむつと同じようにテープで留めて捨てられるようになっています。

また、おむつよりも濡れた感覚がわかるようになっているため、トイレトレーニングに便利です。使ったらおむつ用ゴミ箱などに捨てられるため、外出時にも使用できます。

特長

紙製のトレーニングパンツは数回分のおしっこを吸収できるのが特長です。おしっこを吸収する吸水材は綿状パルプや高分子吸収材が使われているものが多く、一度吸収したおしっこが外に漏れないようになっています。

ギャザー部分は伸縮性のあるポリウレタンが使われているものが多く、子どもが自分で履きやすいこともポイントです。

布製トレーニングパンツを選ぶポイント

布製トレーニングパンツを選ぶポイント

布製のメリット

布製トレーニングパンツは、普通のパンツのように見えるので「おむつを卒業できた!」という自信につながります。

紙製よりもおしっこで濡れたのがわかるので、トイレでの排泄を促すのに効果的です。

また、洗ってくり返し使えるのでコストパフォーマンスも優れています。色や柄、デザインが豊富なので、子ども自身が好きなパンツを選べる楽しみもありますね。

何層のものにするか

布製のトレーニングパンツは3層や6層など、多層構造が特徴です。層に厚みがあれば、それだけ吸収率がアップするので、おもらしが気になるときは6層のトレーニングパンツが安心です。

すべて同じ層ではなく、家にいるときは3層を履かせるなど、子どもの様子に合わせて対応できるよういくつかそろえておくと便利です。

素材

素材は綿や吸水性に優れたポリエステル入りパイル地のものが主流です。

股部分はおしっこが服に染みないように、雨具にも使われているポリエステルなどの防水布が挟まれているものも。

蒸れが気になるときは、パイル地で厚みを持たせた肌触りのよいオーガニックコットンのトレーニングパンツなどもあります。

お手入れのしやすさ・乾きやすさ

汚れたパンツは、水に重曹またはセスキ炭酸ソーダを入れたバケツでつけ置き後、洗濯しましょう。

事前につけ置き液を作っておけば、汚れたパンツを入れるだけなので簡単。うんち汚れはうんちをトイレに流して、予洗いしてからつけ置き液に入れましょう。

布製のトレーニングパンツは厚みがあればあるほど乾きにくくなります。毎日使用するなら洗濯後の乾きやすさも考えて、内側を外側に出して乾かせる「吊り式」を選ぶといいでしょう。

おすすめのトレーニングパンツ4選

デザインがかわいい!「パンパース® 肌へのいちばん おにいさん・おねえさん気分パンツ(P&G)※」

紙製トレーニングパンツでもパンツのようなデザインが特長。

ウエスト部分がやわらかく、よく伸びるので子どもでも自分で履くことができ、トイレトレーニングへのやる気につながります。

おむつと同じ紙製のため、初めてのトレーニングパンツにぴったり。軽くて薄いのでお出かけのときにも便利です。

※パンパース®は ザ プロクタ- アンド ギヤンブル コムパニ-社の登録商標です。

カラフルな色使いがかわいい「トレーニングパンツ3枚セット(ズッキーニ)」

アメリカのブランドのトレーニングパンツは、カラフルな色使いとバックに付いているかわいいモチーフがポイント。足さばきのよいブリーフ型で、ウエストにフリルが付いているデザインもあります。

素材は肌のことを考えたオーガニックコットンを使用。股部分は4層構造で吸収層も挟まれているため、「自分でトイレに行けるけどちょっと不安」というときも安心です。

もうすぐおむつ卒業なら「オーガニックコットン トイレトレーニングパンツ SkyStripe(Under The Nile)」

肌触りのいいオーガニックコットンが使われたトレーニングパンツは、一見普通のパンツのように見えますが、2枚のパイル地を挟み込んだ4層構造なので、少量のおしっこなら吸収してくれます。おむつ卒業が近い子どもにぴったりの商品です。

漂白剤を使用できないので、うんち汚れを落とす際に使用しないように注意してください。

買い足し不要!?「346層パーフェクトセット(マジェンタ)」

6層が4枚、4層が3枚、3層が3枚の合計10枚セット。おむつを卒業したばかりの頃から本格的なパンツデビューまで使えるトレーニングパンツです。

最初からさまざまな層が揃っていると、子どもの様子を見ながら層を変えられるメリットがあります。色柄の指定はできませんが、とにかくたくさん用意しておきたい場合や、保育園用に活躍します。

_______

おむつ卒業後、パンツデビューはいつからにしようかと検討しているなら、トレーニングパンツを活用してみましょう。赤ちゃんのおむつとは違ったデザインに、子どもも関心を持ってくれるかもしれません。

紙製は外にもれにくいので、子どもにとっても安心感がありチャレンジしやすいメリットがあります。布製は色や柄が豊富なので、好きなデザインを選べる楽しみがあり、また洗えるので経済的です。外出時は紙製、お家では布製と使い分けてみてもいいですね。

紙製も布製もメーカーによってウエストや足ぐりのサイズが異なるので、気になる商品のサイズを必ずチェックしてくださいね。