【赤ちゃんの嘔吐・下痢が主症状の病気】腸重積症 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【赤ちゃんがかかりやすい嘔吐・下痢が主症状の病気】腸重積症

【赤ちゃんの嘔吐・下痢が主症状の病気】腸重積症

突然「顔色が悪く泣いて吐く」を10分おきにくり返したり、血便が出たら至急病院へ。
突然「顔色が悪く泣いて吐く」を10分おきにくり返したり、血便が出たら至急病院へ。

どんな病気?

 腸に小腸の一部がもぐりこみ、重なり合ってしまう病気です。発病してから1日たつと、もぐりこんだ腸は締めつけられて血液が流れなくなり、治療が遅れると命にかかわることも。5〜9か月の赤ちゃんに起こりやすい傾向があります。早いうちに発見して治療する必要があります。

治療とケア

 発病して24時間以内なら、肛門から薄いバリウムや空気を注入して、その圧力でもぐりこんだ腸をもとに戻す治療をします。後遺症もなく、すぐに退院できます。ときに開腹手術になることも。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当