【入院中のママと赤ちゃんの生活】入院1日め(出産当日) | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
入院1日め(出産当日)

【入院中のママと赤ちゃんの生活】入院1日め(出産当日)

1日めはからだを十分休めます。母乳は出産直後からできるだけ頻回に与えましょう。
1日めはからだを十分休めます。母乳は出産直後からできるだけ頻回に与えましょう。

ママの様子

十分休みます

 出産室で2時間過ごしたあと、歩けるママは歩いて、歩けないママは車いすなどで入院室へ移動します。

 食欲があれば水分や食事をとり、ゆっくり休みましょう。

トイレまで歩く

 産後数時間くらいたったら、看護師といっしょにトイレまで歩いてみます。めまいがないか、排尿できるかをチェックします。

回診を受ける

 ママのからだの回復具合を見るために1日に数回、医師や助産師が診察に回ってきます。そのときに、何か不快な症状や心配なことがあれば、遠慮せずに聞いてみましょう。

 出産施設によっては、診察室まで歩いて診察を受けることもあります。そのほか、検温も1日に2~3回あるのが一般的です。

悪露の手当てをこまめにする

 入院中はまだ血液の混じった分泌物がたくさん出ます。2~3時間ごとにまめにナプキンを取り替え、清浄綿で清潔にしておきましょう。悪露の量、色、においは、子宮がどのくらい回復したかの目安となります。もし、急に量がふえたり、異臭がしたり、かたまりのようなものが出たりしたら、相談しましょう。

赤ちゃんの様子

母子同室で過ごす

 母子同室のよさは、自由に何度もおっぱいを吸わせることができることです。それによって、母乳の出がよくなり、より早く母乳育児が定着します。また、母乳育児中の赤ちゃんに人工乳首やおしゃぶりを与えるのはタブー。人工乳首は、吸う力が弱くてもミルクが飲めるので、赤ちゃんの「吸う感覚」が混乱してしまうのです。

医学的にどうしても栄養補充が必要な場合は、スプーンやカップで与えることも。

ビタミンK₂シロップを飲む

 ビタミンK₂が不足すると、赤ちゃんに頭蓋内出血を起こしやすいといわれています。しかし新生児は、ビタミンK₂を自分でつくる能力が乏しく、また、ママの母乳中にも少ししかないため、誕生すぐと3日めくらいに、ビタミンK₂のシロップを与えます。

 ビタミンK₂シロップを飲む

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当