【医師監修】赤ちゃんのおなかがパンパン?原因や受診の目安 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんのおなかがパンパン?原因や受診の目安

【医師監修】赤ちゃんのおなかがパンパン?原因や受診の目安

赤ちゃんのおなかが張っていると、赤ちゃんが苦しくないか不安になりますよね。この記事では、赤ちゃんのおなかの張りについて、受診の目安やその原因について説明します。
赤ちゃんのおなかが張っていると、赤ちゃんが苦しくないか不安になりますよね。この記事では、赤ちゃんのおなかの張りについて、受診の目安やその原因について説明します。

赤ちゃんのおなかの張りはよくあること?

便秘やガスが溜まっておなかが張ることがよくある

健康な状態の赤ちゃんでも、おなかにガスが溜まっていたり、便秘によっておなかが張ることがあります。

それぞれの原因は?

・ガスが溜まっている場合

ガスが溜まっている場合、赤ちゃんが授乳のとき一緒に飲み込んだ空気が、げっぷとして出ないままガスとなってしまうことが原因とされています。

授乳後のげっぷがうまくできていないと、おなかにガスが溜まりやすいということになります。授乳後のげっぷについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

授乳・ミルク後の赤ちゃんのげっぷの出し方を助産師が実演!
「なぜげっぷをさせた方が良いの?」という疑問にもお答えいただきました。

・便秘の場合

便秘の場合は、離乳食の開始による消化物の変化や脱水症状などが原因で起こることがあり、おなかが張る原因の一つでもあります。

いつもと排便リズムが違うなどの異変が見られる場合は、おなかの張りの原因が便秘である可能性があります。

赤ちゃんの便秘について、受診の目安など詳細は、以下のリンクを参考にしてみてください。

「赤ちゃんの排便の頻度がいつもより少ない……これって便秘?」と不安な思いをした人は少なくないでしょう。赤ちゃんも便秘になることがあります。今回は赤ちゃんの便秘の原因や解消法、受診の目安などを解説します。

受診したほうがいいおなかの張りは?

おなかの張りで、病院を受診したほうがいい状態は以下の通りです。

  • 便に出血が混じっている
  • 頻回に吐く
  • 授乳量が減少した
  • 発熱している(37.5℃以上)
  • 活気がない、ぐったりしている
  • 突然不機嫌になったり止んだりを繰り返している
  • おなかの張りに明らかな左右差がある
  • 便が3〜4日以上出ていない

※おなかの張りを確認する場合は、授乳直後は避け、優しく触るようにしましょう。強く押し込むと、状態を悪化させる可能性があります。

赤ちゃんに起こりやすい緊急性の高い病気の中には「腸重積(ちょうじゅうせき)」という病気があります。

腸重積は、腸の一部が折り重なり下方の腸に入り込んでしまう病気のことをいい、早期に病院受診が必要で、適切な処置をしないと手術が必要になることもあります。

おなかの張りがあった場合は、特に上の項目に注意して赤ちゃんの様子を観察しましょう。目に見える症状はおなかの張りや不機嫌な様子だけかもしれませんが、感染症や臓器が危険な状態にある可能性も考えられます。

おなかの張りだけでなく、ほかの症状がある場合は速やかに病院で受診しましょう。

腸が腸の中にもぐり込んで激しい腹痛が起こる。【主な症状】腹痛・嘔吐・血便

おなかが張っているときの対処法

赤ちゃんの機嫌がよく授乳も問題なく行えている場合は、おなかを優しくマッサージすることで、腸の動きを刺激し、おなかの張りを解消する手助けになることがあります。

「の」の字マッサージ

おへそを中心に「の」の字を書くように、手のひら全体でおなかを優しくマッサージしましょう。おなかのマッサージをするときは、授乳後を避けて赤ちゃんの機嫌がいいときを選びましょう。

脚の運動

  1. 赤ちゃんを仰向けに寝かせる(授乳直後は避け、機嫌がいい状態で行いましょう)
  2. 赤ちゃんの脚をM字の形に支え持つ
  3. 力を入れずに片脚ずつ前後させる
  4. 赤ちゃんのおしりが上がらない程度にゆっくりと優しく繰り返しましょう

赤ちゃんの関節は脱臼を起こしやすいので、脚を動かす際は、脚がまっすぐにならないように注意しましょう。

赤ちゃんの様子を見てみましょう

赤ちゃんは、授乳中に飲み込んでしまった空気や、便秘によっておなかがパンパンに張った状態になることがあります。

赤ちゃんの機嫌がよく、授乳量も変わりなく過ごせているのであれば様子を見て優しくマッサージをしてみましょう。

万が一、おなかの張り以外の症状があって苦しそうな場合は、病院を受診する必要があります。便の状態や赤ちゃんの機嫌など、おなかの張り以外の状態に異変がないかを観察しましょう。

参考

・公益社団法人母子衛生委員会、「便秘編 」、2021年3月閲覧

・和田紀之、「知っておきたい 小児診察の実際 」、日医総研、2005年

・深谷市ホームページ,「Q 毎日うんちが出ません。便秘でしょうか」より

・医学書院、『《系統看護学講座 専門分野Ⅱ》小児看護学[2]小児臨床看護各論』第12版第5刷、2014年2月1日発行

・和歌山小児科医会 和歌山県医師会、「子供救急マニュアル 」 p24

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事