洗濯や乾燥で服が縮む?原因と対処法・縮みやすい素材をご紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
洗濯や乾燥で服が縮む?原因と対処法・縮みやすい素材をご紹介

洗濯や乾燥で服が縮む?原因と対処法・縮みやすい素材をご紹介

乾燥機にかけたら衣類が縮んだ!いつもどおり洗濯したはずなのに、何だかきつくなっている気がする、と感じたことはありませんか。実は、素材や洗濯のしかたによって、服が縮む場合があります。この記事では、洗濯で服が縮む原因や対処法、縮みやすい素材についてご紹介します。
乾燥機にかけたら衣類が縮んだ!いつもどおり洗濯したはずなのに、何だかきつくなっている気がする、と感じたことはありませんか。実は、素材や洗濯のしかたによって、服が縮む場合があります。この記事では、洗濯で服が縮む原因や対処法、縮みやすい素材についてご紹介します。

洗濯物が縮む原因は?

衣類は消耗品のため、何度も使っていくうちに生地が伸びたり、縮んだり、よれたりしていくことがあります。

しかし、新品の衣類でも1回の洗濯で縮んでしまうことがあるのです。

洗濯物が縮む原因は、大きく2つに分けられます。

1つ目は「衣服が乾燥機の熱に弱いから」、そして2つ目は「水洗いに適していない衣類だから」です。

ここでは、洗濯物が縮む原因について詳しく解説します。

乾燥機の熱に弱いから

乾燥機にかけて、洗濯物が縮んでしまったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

乾燥機は、運転中の温度は約60度くらいまで上がります。すると、熱に弱い衣服は収縮し、縮みやすくなります

また、熱せられた状態でほかの衣服に圧迫されると、しわや型崩れを起こすこともあります。

コインランドリーの高温洗浄でも、同様のことが起こる可能性があるため注意が必要です。

水洗いに適していない衣類だから

洗濯物のなかには、洗濯機で洗うこと自体が向いていないものもあります。

特に、手洗いやドライクリーニングが推奨されている衣類を洗濯機洗いすると、縮むことがあります。

その衣類が水洗いに適しているかは、衣服の内側についているタグ(洗濯表示)や、購入時についている表示に書かれています

水洗いが適していない洗濯物もありますので、覚えておきましょう。

洗濯で縮みやすい素材

多くの方が洗濯機でじゃぶじゃぶ洗っている素材のなかにも、洗濯で縮みやすい素材があります。ここでは、洗濯によって縮みやすい素材をチェックしていきましょう。

コットン・綿

Tシャツやスウェット、トレーナーなどによく使われているコットン素材。衣類を選ぶときに「綿100%」のものを好んで購入する方も多いですよね。

コットンは肌触りがよく、吸湿性に優れています。コットンは水を含むと膨張し、乾く際に元に戻ろうとする特徴があります。そのため、水洗いをすると洗濯前より縮んでしまうことがあります。

パーカー、ジーンズなどのコットン製品は、洗濯する際はご注意を。

ウール

セーターやニット類に使われるウール素材は、保温性が高く、冬の衣類に用いられることが多いです。

ウールは羊の天然毛を使用して作られています。1本ずつ拡大してみると、人間の髪の毛のキューティクルのような形状をしています。

ウールは水に弱い素材です。ウールは洗濯によって繊維が収縮して固くなり、縮むことがあります。

マフラーやセーターなどの冬物のアイテムに使われることが多いので、冬場の洗濯時は特に注意しましょう。

乾燥機で縮みやすい素材

初めて乾燥機を使ったときに、びっくりするほど洗濯物が縮んだという経験をお持ちの方もいるでしょう。

衣類には、熱に強いものと弱いものがあります。熱に弱い素材のものを乾燥機にかけてしまうと、縮んだり、型崩れしたり、ひどい場合には一部分が溶けてしまったりすることもあります。

ここでは、乾燥機によって縮みやすい素材についてご紹介します。

コットン・麻・ウールなどの天然素材

コットン(綿)、麻(リネン)、ウール、絹などの天然素材は、熱に弱いため、乾燥機にかけると縮みやすい傾向があります。

乾燥機の温度によって縮む場合と縮まない場合があるので、洗濯表示をしっかりチェックしてから、乾燥機にかけるか判断しましょう。

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維

ジャージ、フリース、裏地などによく使われるのが、化学繊維です。ナイロンやポリエステル、レーヨン、ポリウレタン、アクリルなどが挙げられます。

化学繊維は熱に弱いものが多く、乾燥機で縮む可能性があります。表面がつるつるした触り心地のもの、薄手でなめらかな落ち感のあるものなどには多く使われていますので、気をつけましょう。

ちりめん・クレープなどの強撚糸を使用した素材

生地に凸凹がありパジャマなどに使われることの多いクレープ素材、高級な着物や和小物などに使われるちりめん素材も、乾燥機にかけると縮んだり型崩れを起こしたりすることがあります。

これらの素材は、生地の材料である糸に撚り(より)が多い強撚糸(きょうねんし)を使っています。撚りが多いほど縮みやすい特徴があります。

乾燥機にかけると、その糸が収縮し、手触りが変わったり、型崩れを起こしたりするので高級なものはクリーニングがおすすめです。

縮んでしまった洗濯物を元に戻すことはできる?

一度縮んでしまった洗濯物を、元に戻すことはできるのか気になりますよね。

実は、生地の収縮によって縮んでしまった洗濯物は、ある程度戻すことができます。

しかし、乾燥機の熱によって、糸や生地自体が溶けたり変質してしまったものは元に戻せません。

コットンの場合

パーカーやTシャツなどのコットン(綿)素材の洗濯物の場合は、柔軟剤を入れてもう一度洗濯することで縮みを改善できることがあります。

干すときに、縮んでしまった部分を少し引っ張るようにして形を整え、平干しするのがポイントです。

また、霧吹きで水分を含ませてアイロンがけをすると改善するので、洗濯表示を確認したうえで試してみましょう。着ているうちに元に戻ることもあります。

ウールの場合

ニットなどウール素材の洗濯物が縮んでしまった場合は、柔軟剤や髪用トリートメントを使う方法があります。

バケツや洗面器などに、ぬるま湯を用意します。1リットルに対して1ccの割合で柔軟剤かトリートメントを溶かし、そこに縮んでしまった洗濯物を入れ、5分程度つけ置きします。その後、十分に水気を取り、形を整えて平干しします。

水分を取る際、ねじって絞ったりこすったりすると、生地を傷めてしまいますので、バスタオルで挟んで水分を吸わせるようにするのがおすすめです。

洗濯物が縮むのを防ぐには?

お気に入りの衣類が縮んでしまうと、ショックが大きいものです。また、縮んでしまった洗濯物をもとに戻すのは一苦労ですよね。

そもそも衣類には、その生地に合ったお手入れの方法があります。適した方法で洗濯すると、衣類が長持ちしますよ。

取り扱い表示を見て洗濯の仕方を判断する

衣類に合わせたお手入れの仕方は、「洗濯表示」に書かれています。衣類の内側のタグや、購入時についている値札と一緒についています。

洗濯表示には、

  • 洗濯のしかた(洗濯機を可否、適切な液温)
  • 漂白のしかた(漂白剤の可否)
  • 乾燥のしかた(乾燥機の可否、適切な干しかた)
  • アイロンのかけかた(アイロンの可否、適切な温度設定)
  • クリーニングの種類(適切なクリーニング方法)

などが書かれています。

2016年から、日本の洗濯表示は変更されました。それまで「強・弱」など漢字を含んだマークでしたが、誰でも適切に洗濯ができるよう、世界共通のマークに統一されました。

洗濯表示

© every, Inc.

洗濯表示

© every, Inc.

家で洗濯できない場合はクリーニングへ

洗濯表示を見ると、家庭での洗濯がNGのものもあり、ダウンジャケットや、ドレスなど繊細なつくりのものに多いです。

家庭での洗濯ができないものはクリーニングに出しましょう

特に高価な衣類だと、型崩れや縮みを起こすとショックが大きいですよね。

高価なものや大切な衣類など、家庭での洗濯で傷めたくないものは、クリーニング店で衣類に合ったお手入れをしてもらうのが安心ですね。

毎日の洗濯の負担は代行サービスで軽減しよう!

子育て中や共働きの家庭にとって、毎日の洗濯は大きな負担ですよね。

  • 家事や仕事で忙しくて手が回らない!
  • 天気が悪い・花粉で洗濯物が溜まりがち……
  • たまには家事を休みたい!

こんな悩みがある人は1度宅配クリーニングを試してみてはいかがでしょうか。

宅配クリーニングは依頼も受け取りも自宅にいながらできてしまうので、子育てや共働きで忙しい家庭にぴったり。

たまに利用するだけでも家事の負担がぐっと軽くなるのでおすすめです

【リネット】会員数45万人を突破!宅配クリーニングのリネット

  • 当日集荷・全国対応!
  • 店舗と変わらない価格で自宅にいたまま利用できる
  • 業界最大級の宅配クリーニングサービス

【カジタク】100万件突破!保管付き宅配クリーニング

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)
  • 安心のイオングループ
  • 販売実績100万件突破!
  • 最長9ヶ月保管!送料無料

【せんたく便】オトクに長期保管できる宅配クリーニング

「満足度ランキング2年連続No.1」の宅配クリーニング【せんたく便】
  • 会費・往復送料・シミ抜き無料
  • 最大11ヶ月の保管付き
  • 24時間いつでも依頼可能

【正直なクリーニング屋】毎日500点を仕上げる宅配クリーニング

300x250
  • 全国対応!創業70年
  • 往復送料・年会費・保管サービス対応無料!
  • 抗菌クリーニング加工無料!

素材に合わせた洗濯のしかたで縮むのを防ごう

毎日の家事は、できるだけ手間をかけずに済ませたいですよね。洗濯もその1つでしょう。

ただ、間違った方法で洗濯してしまうと、洗濯物が縮んだり生地が傷んだりしてしまいます。

衣類に合った洗濯方法で、大切な衣類を長く使っていきましょう。必要に応じて、クリーニングを上手に活用するとお気に入りの服を長持ちさせることができますよ。

洗濯するときのポイントは下記記事も参考にしてくださいね。

洗濯物は裏返しにしたほうがいいって聞いたけど本当?と疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。衣類を裏返すことによって、よりきれいに洗濯できる場合もあります。裏返しで洗濯するメリットやデメリット適したアイテムについて詳しく見ていきましょう。
洗濯をするなかで「これは洗濯ネットに入れたほうがいいの?」と疑問を持った経験はありませんか?なんとなく洗濯物をネットに入れている、入れずに洗っているという方も多いのではないでしょうか。この記事では、洗濯ネットを使うメリットや使い方のポイントをご紹介します。
  • 洗濯物が縮む原因は洗濯によるもの・乾燥機の熱によるものがある。
  • 洗濯によって縮みやすい素材がある。
  • 縮んでしまった洗濯物でも、家庭で元に戻せる場合がある。
  • 洗濯するときは「洗濯表示」を見て、洗濯方法を判断することが大切。