【赤ちゃんの熱が主症状の病気】突発性発疹症 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【熱が主症状の病気】突発性発疹症

【赤ちゃんの熱が主症状の病気】突発性発疹症

6か月~1歳の赤ちゃんがよくかかる病気。赤ちゃんがはじめて高熱を出す病気としても知られます。
6か月~1歳の赤ちゃんがよくかかる病気。赤ちゃんがはじめて高熱を出す病気としても知られます。

どんな病気?

 主に、ヒトヘルペスウイルス6型というウイルスに感染して起こります。7〜10日の潜伏期のあと、39℃前後の高熱が出て、3日くらい続きます。熱が下がるのとほとんど同時に、あるいは下がるちょっと前から、細かくて赤い発疹が全身に出ます。発疹にかゆみはなく、2〜3日で消え、あとも残りません。

 高熱が出るだけで、鼻みず、くしゃみといったかぜの症状はあまりないのですが、発疹が出るまではかぜと区別がつきにくく、病院でもかぜと診断されることもあります。突然のはじめての高熱にあわててしまうことも多いと思いますが、落ち着いて対処してください。熱が下がったあとも、赤ちゃんの症状をよく見て。

治療とケア

 ウイルスが原因でかかる病気なので特効薬はありませんが、必要に応じて解熱薬が出されることがあります。

 ほかの子にうつる心配はありませんが、高熱や下痢で体力を消耗しているので、水分を補給し、外出は控えます。下痢の時は、こまめにおむつを替えます。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当