お宮参りの赤ちゃんの着物は何を着せたらいい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
お宮参りの赤ちゃんの着物は何を着せたらいい?

お宮参りの赤ちゃんの着物は何を着せたらいい?

赤ちゃんが元気に育つように神様に願う初めてのお宮参り。伝統的な行事だからこそ、赤ちゃんに着物を着させたいママやパパもいるでしょう。どのような着物を選べばよいのか知りたいですよね。この記事では、お宮参りに赤ちゃんに着せる物について解説します。
赤ちゃんが元気に育つように神様に願う初めてのお宮参り。伝統的な行事だからこそ、赤ちゃんに着物を着させたいママやパパもいるでしょう。どのような着物を選べばよいのか知りたいですよね。この記事では、お宮参りに赤ちゃんに着せる物について解説します。

お宮参りとは?

お宮参りは生後30日前後の赤ちゃんと神社に参拝して、赤ちゃんの祝福を受ける通過儀礼です。現代では地域による違いはあるものの、たいてい男の子は生後31日目、女の子は生後32日目の参拝といわれますが、必ずしも日にちにこだわる必要はありません。赤ちゃんやママの体調や季節などをみて、気持ちよく過ごせる日にお参りするとよいでしょう。

お宮参りの参拝先は、伝統的には地域の氏神神社ですが、最近では、氏神にこだわらずに有名神社へ参拝する家庭も増えています。赤ちゃんの健やかな成長を願う気持ちを大切にしたいですね。

お宮参りは、赤ちゃんの成長を願う行事であり、赤ちゃんが生まれて最初の、家族で一緒に外へ出かける行事です。とはいえママは育児に忙しく、あっという間にお宮参りの時期に……ということも。直前に慌てないように、日取りや場所の決め方などについてご紹介します。

お宮参りの赤ちゃんの服装

お宮参りの赤ちゃんの服装

© 2015 every, Inc.

画像のような、赤ちゃんが着ている着物のことを「産着(初着・うぶぎ)」といいます。お宮参りにおける赤ちゃんの礼服(れいふく:冠婚葬祭などに着る改まった服のこと)です。ほかにも「祝着(いわいぎ)」、「掛け着」などと呼ばれることがあります。

最近では「ベビードレス」での参拝も増えています。和服ではなく洋服なので赤ちゃんの世話がしやすく、季節にも対応しやすい特徴があるので、形式にとらわれずに選びましょう。

「産着」とは?

産着とは、現代ではお宮参りのときの赤ちゃんの着物も指しますが、本来は出産直後に着せる初着や、生後3日目に着せる着物なども含まれ、広い意味を持っています。室町時代以降に、貴族階級を中心にお宮参りが行われるようになると、礼装としての産着が定着しました。

産着という名称は、足利時代までさかのぼりますが、赤ちゃんに産着を着せる風習は平安時代からありました。貴族階級では、産着の色は時代によってさまざまで、平安時代は白色や空色、室町時代には、白・紫・赤・黄色など誕生時の雲の色にちなんだ産着を着せたのだといわれています。

江戸時代以降になると、現代でも使われている白羽二重を着せるようになりました。当時は、赤ちゃんは人間界と霊界の中間に位置する不安定な生命と考えられていました。そのため、産着には背守(せまもり)という、魔除けのための刺繍がつけられていました。

「柄」に込められた願い

白い産着と一緒に合わせるのが、色鮮やかな掛け着です。掛け着は、お宮参りが終わった後も晴れ着として使われることもあり、大きめのサイズを用います。その掛け着の柄には、さまざまなバリエーションがあり、子どもへの願いが込められています。

男の子にはダイナミックな波と鯉の柄で「未来への発展」を、鶴や亀は「健康に長生きするように」という願いが込められ、女の子には「美しく育つように」という願いから山桜や桔梗などの花、「幸せな結婚ができるように」という願いからハマグリの柄が掛け着に施されてきました。

現代でも、そのような親から子への願いが込められた柄も多く残っています。実際に赤ちゃんにどんな着物を着せてあげたいかは、男の子用から選ばなくてはならない、女の子用から選ばなくてはならないという決まりはありません。子どもへの願いや、デザインの美しさなど、着せたときの子どもの姿を思い描きながら選ぶといいですね。

お宮参りの着物に願いをかける

初宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願って行われる伝統行事です。生後1ヶ月前後の赤ちゃんが自分の意思で柄を選ぶのは困難でしょう。だからこそ、ママやパパが決めるにあたっては、''男の子だから''これ、''女の子だから''これと選ぶ選択肢を狭める必要はないでしょう。今では店舗でもネットでも、ざまざまなお店、さまざまな種類から選ぶことができます。赤ちゃんの一生に一度しか訪れない初宮参りの機会に、ママやパパがよいと思える一着を選べればよいですね。

参考

森山和美、『相愛女子短期大学研究論集』41,128-117産着についての一考察、1994

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事