お宮参りはいつまでに行けばいい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
お宮参りはいつまでに行けばいい?

お宮参りはいつまでに行けばいい?

お宮参りは、赤ちゃんの成長を願う行事であり、赤ちゃんが生まれて最初の、家族で一緒に外へ出かける行事です。とはいえママは育児に忙しく、あっという間にお宮参りの時期に……ということも。直前に慌てないように、日取りや場所の決め方などについてご紹介します。
お宮参りは、赤ちゃんの成長を願う行事であり、赤ちゃんが生まれて最初の、家族で一緒に外へ出かける行事です。とはいえママは育児に忙しく、あっという間にお宮参りの時期に……ということも。直前に慌てないように、日取りや場所の決め方などについてご紹介します。

「お宮参り」とは?

お宮参りとは、赤ちゃんが無事に産まれたことを感謝し、
健やかな成長を祈る行事として現代では行われています。

「お宮参り」はいつ行くの?

お宮参りは、一般的に生後1ヶ月頃に行います。
性別や地域によって差があり、

  • 男の子…生後31日目
  • 女の子…生後32日目

としている地域が多いようです。

生後1ヶ月というと、1ヶ月健診が済みようやく赤ちゃんとの生活にも慣れてくる頃ですが、
赤ちゃんの体調もママの産後の経過も人それぞれです。あくまでも目安として考えましょう。

また、赤ちゃんの生まれた季節によっては、
生後1ヶ月頃が真夏や真冬の、天候が厳しい時期にあたることもあります。
無理のない日取りを選ぶことが大切です。

生後100日前後、ちょうど乳歯がはえ始める頃、
赤ちゃんの健やかな成長を願ってお食い初め(100日祝い)のお祝いをしますが、
冬の寒さの厳しい地域では、お宮参りをこの頃に行うこともあるようです。

大安や仏滅などの六曜もこだわる必要はありません。
身内に不幸があった場合は、四十九日以内のお宮参りは控えることがマナーです。

このように、生後1ヶ月と厳密に決められているわけではないので、
体調や天候、一緒に参拝する方の都合に合わせて決めるとよいでしょう。

どのくらい前もって準備すべき?

退院後、まずは日取りを早めに決めておくとよいでしょう。

赤ちゃんとママの体調を考慮しながらにはなりますが、
お宮参りに行く前にいくつか準備しておくことがあります。
お参りのみをする場合の予約は不要ですが、ご祈祷を受ける場合は、
事前予約が必要になったり、曜日や時間が決まっていることもあったりします。
ホームページや電話で神社へ確認しておくと安心です。
また土日や大安の日を選ぶ人も多いので、
混雑が予想される日を希望するときは、早めの準備がおすすめです。

お宮参りの日取りが決まったら、それに合わせて赤ちゃんの衣装、赤ちゃんのおでかけグッズ、
ママ・パパの服、当日の御祈祷料などを準備します。
お宮参りの後に食事をする場合は、その準備も必要です。
また、写真スタジオでの撮影を考えている場合は、事前に予約をしておくとよいでしょう。

場所の選び方

本来お宮参りは住んでいる地域の氏神様へ、
赤ちゃんが無事に生まれたことをご報告するという意味を持っているため、
生まれた場所の神社で行うのが一般的です。

しかし現代では、無事に生まれたことを感謝し健やかな成長を祈る行事となっており、
どこで参拝しても問題ありません。
思い入れのある神社や人気の神社、安産祈願へ行った神社などを選ぶこともあるようです。
遠方の神社は赤ちゃんの負担になってしまうこともあるので、
赤ちゃんの体調を優先し、遠出は避けるようにしましょう。

誰と行くか

昔は、赤ちゃんと父親、父方の祖父母、というのが一般的でした。

これは、「出産でけがれが残っている母親が、神様にお払いをしてもらう前に
赤ちゃんを抱っこしてお参りするべきではない」という考えがあったことに由来しています。
また、産後の母親の体調を気遣う意味もあったようです。
現代では、赤ちゃんとその親だけというケースや
両家の祖父母と一緒にお参りするケースも多いようです。

また、誰が赤ちゃんを抱っこするかという点も気になるところです。
これも昔ながらの考えでは父方の祖母とされていましたが、
誰と行くかと同様、現代では誰が抱っこしても問題ありません。

昔ながらのしきたりを重視される家庭もありますので、
一度確認をしておくと安心ですが、あまりとらわれず、
みんなで赤ちゃんの成長をお祝いする気持ちを大切にしましょう。

お宮参りの流れ

お宮参りは、

  • お参りのみをする場合
  • お参りをしてからご祈祷を受ける場合

があります。

ご祈祷を受ける場合は、お参りの後、
まず受付で初穂料を納め、神主さんからご祈祷を受けます。

ご祈祷の細かい流れは、神社によって異なるため、
指示に従いながら進めるようにしましょう。

ご祈祷の時間は15~30分程度が一般的です。
お参りのみなら30分~1時間程度、ご祈祷を受けるなら待ち時間も含め1~2時間程度を考えておくとよいでしょう。

お宮参りは、マナーを守りながらオリジナルのスタイルで

お宮参りには、昔ながらのしきたりも多くありますが、
現代ではあまり縛られず赤ちゃんと家族にとってベストな方法を選ぶのが一般的です。
基本のマナーは守りつつ、楽しく素敵な思い出にするためにも、
事前の準備は余裕を持って進めておきましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事