お宮参りはいつ?服装や当日の流れ、持ち物もおさらい! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
お宮参りはいつまでに行けばいい?

お宮参りはいつ?服装や当日の流れ、持ち物もおさらい!

この記事では「お宮参り」にいつ行けばいいのかについて紹介します。お宮参りの日取りについてはもちろん、当日の流れや、持ち物、服装などについても合わせて紹介します。
この記事では「お宮参り」にいつ行けばいいのかについて紹介します。お宮参りの日取りについてはもちろん、当日の流れや、持ち物、服装などについても合わせて紹介します。

「お宮参り」とは?

お宮参りとは、神社やお寺に生後1ヶ月頃の赤ちゃんを連れて訪れ、子どもが生まれたことへのお礼と報告、今後の健やかな成長を見守ってもらうようお祈りする行事のことです。「初宮参り(はつみやまいり)」と呼ぶこともあります。

「お宮参り」はいつ行くの?

男の子も女の子も生後1ヶ月頃

地方により多少の違いはあるようですが、

男の子:生後30日目以降

女の子:生後31日目以降

と、多くの地域では生後1ヶ月頃に行われることが多いです。

1ヶ月検診の医師のOKが出てから外出を

ママや赤ちゃんのことを考えると、1ヶ月検診を終えて医師に外出が問題ないかどうかを確認した上で行くのがよいでしょう。

赤ちゃんやママの体調や季節を考慮して調整を

お宮参り(初宮参り)は、必ずしも生後1ヶ月に行かなければいけないわけではありません。

赤ちゃんの生まれた月や住んでいる地域によっては、生後1ヶ月頃の気候が悪かったりすることもありますし、赤ちゃんやママの体調が万全ではないことも考えられます。体調や気候を考慮して日取りをずらしてもよいでしょう。

例えば、「生後3ヶ月頃のお食い初め(おくいぞめ)の時期に合わせて初参拝する」というように、他の近い行事と合わせて行うのもよいかもしれませんね。

「百日祝い」とも言われるお食い初めは、生後100〜120日前後に行う日本古来の伝統行事です。
これからの健やかな成長と、歯が生えてくる時期でもあることから一生食べ物に困らないようにと願って食べ物を食べさせる真似の儀式を行います。
赤ちゃんが生まれると、成長を願うお祝い行事が始まります。
行事の意味合いや、準備することなどについて確認してみましょう。
この記事では赤ちゃんが生まれてから、1歳を迎えるまでに行われる行事についてご紹介します。

「お宮参り」の服装選びについて

赤ちゃんの服装

AdobeStock_168335215 2

赤ちゃんの祝い着と言えば、「産着(初着・うぶぎ)」と呼ばれる赤ちゃんに覆いかける着物のことを指します。もとの風習では母方の実家から贈るものとされていますが、最近ではレンタルで済ませる場合や、ベビードレスにケープをかける洋装のスタイルでお参りすることも多くなりました。

赤ちゃんが元気に育つように神様に願う初めてのお宮参り。伝統的な行事だからこそ、赤ちゃんに着物を着させたいママやパパもいるでしょう。どのような着物を選べばよいのか知りたいですよね。この記事では、お宮参りに赤ちゃんに着せる物について解説します。
お宮参りの「産着(うぶぎ)」。その産着の下がどうなっているのかわからない、
また「産着ってどうやって着せたらいいの?」などと悩むママやパパもいるのでは? この記事では産着についてや着せ方を、写真付きでわかりやすく紹介します。

大人の服装

  • 女性の服装
AdobeStock_158751348

赤ちゃんに正式な祝い着を着せた場合、女性の場合は「黒留袖」が理想ですが、最近では和装の場合でも訪問着や付下げ、スーツやワンピースでもOKとされています。授乳のことを考えると、ママは洋装の方が楽かもしれませんね。

  • 男性の服装

AdobeStock_412742123

男性はブラックフォーマルやダークスーツを意識するとよいでしょう。

  • 両親や祖父母の服装

余裕があれば一緒に参拝する両親や祖父母たちと、服装がちぐはぐにならないように相談しておくのもよいですね。

生後1ヶ月頃の赤ちゃんとともに参拝するお宮参り。神社に参拝するとき、どのような服装で行けばいいのか気になりますよね。この記事では、お宮参りの赤ちゃん、ママ・パパの服装について紹介します。

「お宮参り」当日の持ち物は?

お参りする神社にお渡しするものとして、初穂料が必要です。それ以外に赤ちゃんと参拝することを想定して、必要な荷物をチェックしましょう。

初穂料(はつほりょう)はいくら?

初穂料とは、神社で祝詞奏上やお祓いをしてもらったときに、決められている金額を金封に入れ、赤ちゃんの名前で納めるものです。

地域や神社により多少の違いはありますが、一般的には3000円~1万円が目安です。神社によっては料金が決まっている場合もあるので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。表書きは「御初穂料」「玉串料」「御祈祷料」などを記載します。

神社での祈祷に欠かせないのが初穂料ですが、準備や渡し方など、慣れていないと難しく感じますよね。今回は、お宮参りや七五三で祈祷を受ける場合の渡し方、準備方法について、説明します。

持ち物チェックリスト

赤ちゃんの授乳スタイルにより多少変わりますが、おおむね共通するものをリストアップしました。参考にしてみてくださいね。

  • オムツセット(紙オムツ・おしりふき・汚れたオムツ用のビニール袋)
  • 着替え(赤ちゃん用)
  • 抱っこ紐、スリング
  • おくるみやバスタオル(気温に対応できるもの。少し寝かせたいときにかける用として)
  • ミルクセット(粉ミルク・哺乳瓶・お湯)
  • ハンカチ、ティッシュ
  • カメラ、ビデオ(スマホで代用もできます)

「お宮参り」の神社はどこがいい?予約は必要?

お宮参りは近所の神社で行うのがおすすめ

お宮参りに行く生後1~3ヶ月頃は、赤ちゃんやママにとっても、遠出はまだまだ負担がある時期です。「どうしても」というようなこだわりがなければ、近所の神社にお参りするとよいでしょう。

余裕を持って予約しよう

家族の都合がつきやすい土日や大安の日は、比較的予約が埋まりやすい傾向があります。赤ちゃんやママの体調に目安がついてきて、参拝の目星がついたら早めに日取りを決めて、予約しておくとよいでしょう。

六曜(ろくよう)は気にした方がいい?

お宮参りの日取りを決めるのに六曜を気にしなくても大丈夫です。

六曜とは、14世紀頃に中国から伝わった日の吉凶を表すものです。現代でもカレンダーによっては日付のそばに六曜が書かれているものもあります。お祝い事や弔事の際に参照にすることがあり、お宮参りの日取りを決める際の目安にしてもよいでしょう。以下に六曜の簡単な意味を載せているので、参考にしてみてくださいね。・先勝(せんしょう)→午前中は吉、午後は凶

  • 友引(ともびき)→お祝い事はよし、弔事は嫌う
  • 先負(せんぶ)→午前中は凶、午後は吉
  • 仏滅(ぶつめつ)→何をするにも不向き。とくに祝い事は避ける
  • 大安(たいあん)→何事においても吉。お祝い事はなおよし
  • 赤口(しゃっこう)→凶日。牛の刻(午前11時から午後1時ごろ)のみ吉

「お宮参り」当日はどんなことをする?

赤ちゃんやママの体調、地域によっては参拝のみで終わるところもあるようですが、一般的には祝詞をあげ、お祓いをしてもらいます。それを踏まえた当日の流れを紹介します。

「お宮参り」当日の流れ

神社に到着してからの当日の流れを紹介します。

  • 神社に到着:お祓いの申し込み

神社に到着したら社務所に向かい、多くの場合この段階で初穂料を納めます。

  • 待機時間:オムツ替えや授乳を済ませておく

神社によってお祓いの時間まで待機時間が生じることもるので、赤ちゃんのオムツ替えや授乳を済ませておきましょう。時間がはっきりしない場合には、神社にどのぐらい時間の余裕があるのか、オムツ替えや授乳をする時間はあるかを確認しておきましょう。

  • お祓いをしてもらう

参列者とともに神前に向かい祝詞をあげ、お祓いをしてもらいます。神社により差はありますが、およそ15分から30分程度が目安です。

  • 記念品を頂戴しお宮参りは終了

神社によって記念品があるかどうかや頂戴するタイミングは異なります。

祖父母には参加してもらう?

AdobeStock_159304347

もとは、赤ちゃんは父方の祖母が抱いてお参りするのが習わしでした。最近では出産後のママの体調を気づかって父方の祖母にも参加してもらい、家族で祝うイベントに変わってきています。ママやパパが祖父母の参加に抵抗がなれば、祖父母にも参加してもらいましょう。祖父母が遠方で、お宮参りの参加が難しい場合は、両親だけで参拝をすることもあります。

お宮参りはマナーを守りながらオリジナルのスタイルで

お宮参りには、昔ながらのしきたりも多くありますが、現代ではあまり縛られず赤ちゃんと家族にとってベストな方法を選ぶのが一般的です。楽しく素敵な思い出にするためにも、基本のマナーは守りつつ、事前の準備は余裕を持って進めておきましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当