【医師監修】妊娠後期の胃痛。激しい痛みはどうしたらいい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
 妊娠後期の胃痛。激しい痛みはどうしたらいい?

【医師監修】妊娠後期の胃痛。激しい痛みはどうしたらいい?

妊娠すると体にいろいろな変化が起こり、不調に悩まされるママも少なくないでしょう。妊娠後期の不調の一つとして、胃の痛みやムカムカに悩まされる場合があります。この記事では、妊娠後期に起きる胃痛の原因や対処法、注意したい症状について解説します。
妊娠すると体にいろいろな変化が起こり、不調に悩まされるママも少なくないでしょう。妊娠後期の不調の一つとして、胃の痛みやムカムカに悩まされる場合があります。この記事では、妊娠後期に起きる胃痛の原因や対処法、注意したい症状について解説します。

妊娠後期の胃痛について

妊娠後期には、大きくなった子宮の影響や、さまざまなストレスなどが原因で、胃痛が起こりやすくなります。ただし、妊娠後期の胃痛には、病気が隠れている可能性もあるため注意が必要です。

妊娠後期の胃痛の原因

妊娠後期の胃痛は、以下のようなことが原因として考えられます。

病気ではないが、妊娠で起きうる胃痛

妊娠にともなう体の変化が、胃痛の原因になっている場合があります。

● 大きくなった子宮による影響

妊娠後期は、胎児の成長にともなって子宮がどんどん大きくなり、妊娠9ヶ月末頃には子宮底がみぞおちの下あたりまで高くなります。大きくなった子宮が胃や腸を圧迫するため、消化機能が低下し、胃痛が起きる場合があります。

● ストレス

妊娠後期は体の変化へのとまどいや、出産や育児に対する不安などから気持ちが不安定になりやすく、さまざまなストレスを抱えてしまうことも。ストレスは、自律神経が乱れる原因になります。自律神経が乱れて胃酸が必要以上に分泌され、胃痛を引き起こす原因になります。

病気が原因のもの

妊娠後期の胃痛は、病気が原因で起こる場合もあります。

● 胃食道逆流症(逆流性食道炎)

胃と食道の間にある筋肉(下部食道括約筋)は、食べ物や胃酸の逆流を防ぐ働きをしていますが、妊娠中はこの筋肉がゆるみ、働きが弱まります。さらに、妊娠後期は大きくなった子宮に胃が圧迫され、胃酸の逆流が起こりやすい状態になります。

食道の粘膜には、胃酸を防御する機能がありません。そのため、胃酸の逆流が続くと食道の粘膜に炎症が起きてしまいます。これが、胃食道逆流症です。

● HELLP(ヘルプ)症候群

妊娠後期に上腹部痛が起きた場合のほとんどは消化機能低下によるものですが、このような名前の病気の発見のきっかけになることもありますので、頭のかたすみに置いておきましょう。HELLP症候群は、HELP(たすけて!)ではなく、Hemolytic Elevated Liver enzyme and Low Platelet count の頭文字をとったものです。名前の通り、赤血球が壊れ(溶血)、肝酵素が上昇し、血小板数が減少するという血液の細胞や肝臓の機能に異常が起きる病気です。

妊娠高血圧症候群に合併することがよくみられます。HELLP症候群によって、母体・胎児にさまざまな合併症が起こる可能性があります。産科の観点から緊急性がありますので、すみやかに病院にかかりましょう。

妊娠高血圧症候群、HELLP症候群については、こちらの記事を参考にしてみてください。

妊娠高血圧症候群はママと赤ちゃんの生命にかかわる重大な病気で、かつては妊娠中毒症と呼ばれていました。誰でもかかる可能性がある病気ですが、どのような症状やリスクが伴うのでしょうか。今回は妊娠高血圧症候群についてお伝えします。

胃痛への対処法は?

胃痛が起きたときは、胃への負担を軽減することが大切です。以下の対処法は、胃痛が起きていないときも日頃から心がけることで、胃痛の予防対策になります。

消化しやすいものを食べる

消化しにくい脂っこいものや固いものなどは避け、おかゆやうどんなど、やわらかく調理したものを食べるようにしましょう。また、胃粘膜を刺激する濃い味つけや香辛料の使用は控えましょう。

よく噛んで食べる

よく噛まずに早食いをすると、胃酸の分泌が間に合わず消化の負担が増します。少量ずつよく噛んで食べるようにしましょう。

食後はすぐに横にならない

食後すぐに横になると、胃液が逆流しやすくなります。横になりたいときは、上半身を少し高くして休むとよいでしょう。また食べてから就寝までの時間を十分にあけることも役に立ちます。

ストレスの解消

医師と相談したうえで適度な運動を心がけ、上手に気分転換をして、ストレスを解消しましょう。また、気になることや不安なことがある場合は、周りの人や医師に相談することで気持ちが軽くなるかもしれません。

こんな症状に注意

この痛みはいつもと違うと思ったり、いつもと違う違和感を感じたり、胃痛とともに以下のような症状がみられる場合は、すぐに病院を受診してください。自己判断で胃腸薬や痛み止めの薬を服用するのはやめましょう。

  • 頭痛
  • 発熱
  • 視力障害(チカチカする、見えにくい)
  • 疲労感、倦怠感
  • 吐き気、嘔吐
  • 下痢
  • 胎動減少

このほか気になる症状があれば、医師に相談しましょう。

_______

お産まであと数ヶ月です。できるだけ健康で穏やかに過ごせるようにしたいものですね。胃痛は、日々の生活習慣を見直すことで予防・軽減することが期待できます。生活習慣を振り返り、改善できるところから変えてみましょう。

参考:

・医療情報科学研究所(編)、『病気がみえる vol.10 産科 第4版』、株式会社メディックメディア、2018年

・「産科麻酔 妊婦の生理学 日臨麻会誌NO.4,5333~537,2018」(日本臨床麻酔学会)、2021年1月閲覧

・「女性の健康推進室 ヘルスケアラボ 胃痛・胃もたれ」(厚生労働省研究班(東京大学医学部藤井班)監修)、2021年1月閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当