【医師監修】出産後の妊娠|いつからOK?最短でどのくらい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
出産後の妊娠|いつからOK?最短でどのくらい?

【医師監修】出産後の妊娠|いつからOK?最短でどのくらい?

無事に出産を終えたママの体は、ダメージをたくさん受けています。産後6ヶ月以内の妊娠はリスクが高いといわれています。35歳以上で2人目を望む場合などはどうしたらよいのでしょうか。次回の妊娠はいつから大丈夫なのか、気をつけるべきことなどについてみてみましょう。
無事に出産を終えたママの体は、ダメージをたくさん受けています。産後6ヶ月以内の妊娠はリスクが高いといわれています。35歳以上で2人目を望む場合などはどうしたらよいのでしょうか。次回の妊娠はいつから大丈夫なのか、気をつけるべきことなどについてみてみましょう。

産後のママの体

出産を終えたママの体は、時間をかけて徐々に妊娠前の状態に戻ります。この期間のことを「産褥期(さんじょくき)」といい、個人差はありますが6週間~8週間かかります。産褥期の体には、どのような変化が起こるのでしょうか。

出産後の子宮の状態は?

産褥期の子宮は、6週間くらいで妊娠前の状態に戻ります。

  • 産後2・3日

子宮の重さは約1,000g、子宮口は指2本分開いており、子宮底はおへその高さから指を横にして2~3本下くらいの位置です。

  • 産後1週頃

子宮の重さは約500g、手のこぶし大くらいの大きさまで小さくなり、子宮口は指1本分くらいに閉じてきます。その後、子宮内膜が再生されていきます。

  • 産後4週以降

子宮口が完全に閉鎖します。産後6週くらいになると、子宮の重さは70gくらいになり妊娠前の大きさに戻ります。

産後の分泌物「悪露(おろ)」とは

悪露とは、産後に子宮・腟より排出される分泌物のことで、産後の「おりもの」ともいわれます。

子宮の収縮とともに、悪露にも変化があります。出産直後は、赤色の悪露ですが、徐々に褐色に変化し、産後2~3週頃になると淡黄色になります。悪露の出る回数や量は、徐々に減っていきますが、悪露の減り方には個人差があります。

悪露について、こちらの記事も参考にしてください。

出産後すぐは生理とは違う「悪露」と言う胎盤や内膜などを含んだ血が子宮から出てきます。
悪露の状態や経過によっては異常が起こっている可能性も……。
異常が続く時の悪露について、産婦人科医の吉村先生に伺いました。
初めての出産を経験するママの中には、出産後も「悪露」と呼ばれるおりものがあることに不安になる人もいるかもしれません。「痛いの?」「いつまで続くの?」「こんな悪露って普通?それとも異常?」悪露について、これだけ知っておくと安心、という情報をお伝えします。
産後のママから排出される悪露。量が増えたり減ったりすると不安になることもありますよね。今回は、そんな悪露の量や期間にまつわるQ&Aをまとめました。

排卵や月経(生理)の再開について

産後の排卵や月経(生理、以下月経)は、一般的に数ヶ月は起こらないとされています。これは、卵巣機能に関係するホルモンが妊娠中に低下することで、出産後、その回復に数ヶ月を要するためです。この期間は排卵や月経がなく、「産褥性無月経(さんじょくせいむげっけい)」と呼ばれます。

また、月経の再開は、ママが授乳しているかしていないのかによっても違ってきます。

授乳中のママでは出産後6〜10ヶ月頃から、授乳しないママでは出産後2〜4ヶ月くらいで月経が再開することが多いです。授乳中のママは、授乳しないママよりも月経の再開は遅いといわれていますが、月経の再開には個人差があります。

産後初めての月経では排卵しない「無排卵」のことが多いですが、月経再開前に排卵しているケースもあります。断乳後は1〜3ヶ月で月経が再開します。

1人目を出産後、2人目はいつから妊娠できるの?

最短で約1ヶ月

出産後、授乳しないママでは、早い場合には出産後4~6週後に排卵が起こります。しかし、それよりも早く排卵が起こる可能性もあります。

多くの場合、医師より性生活の再開について許可が出るのが、出産後の1ヶ月健診です。避妊をしなければ、性生活を再開後すぐに妊娠ということも起こります。しかし、母体のことを考えると産後すぐの妊娠はおすすめできません。妊娠を望まない場合は避妊をしましょう。

出産後6ヶ月間は時間を空けたほうがよい?

出産によるダメージの回復には、2ヶ月くらいは時間が必要とされています。

また、経腟分娩の場合は会陰切開(えいんせっかい)の治癒、帝王切開の場合は手術創の治癒に時間を要します。

初めての赤ちゃんのお世話で睡眠時間も十分に取れず、ママの精神状態が不安定になる可能性もあることから、性生活を受け入れられない場合もあります。そのため、性生活を再開するのは少なくとも出産後6ヶ月が経ったくらいから、できれば18ヶ月は避けるほうが望ましいとされています。

産後6ヶ月以内に妊娠できる?リスクはあるの?

産後6ヶ月以内に妊娠した場合、母体や胎児・新生児や乳幼児に対してさまざまなリスクが考えられます。

たとえば、早産や胎児発育遅延(子宮内での胎児の成長が遅れる状態)、低体重での出生や、妊婦や新生児・乳幼児の死亡リスクが高いとされています。

また、子宮破裂や胎盤剥離、感染症の可能性も否定できません。

しかしながら、35歳以上で2人目を望むママもいることでしょう。医師に相談しながら妊娠の準備をしましょう。

出産後は、妊娠しやすくなる?

出産後は「妊娠しやすい」などといわれますが、産後はホルモンの働きにより、妊娠しにくい状態です。ただし個人差があり、ママの体の回復状態や授乳中かどうかにもより、月経や排卵の開始時期が変わってきます。出産後最初の排卵時期がわかりにくいため、早期に妊娠する可能性もあります。月経が再開しても、出産後は生理不順になる傾向があり、排卵のタイミングが不安定になります。

また、出産後は赤ちゃんのお世話が忙しく、性行為のとき避妊に対して注意不足になる傾向があります。いつ排卵が起こるのかわかりにくいですが、出産後は、妊娠「しない」わけではないので、妊娠を希望しないのであれば避妊することをおすすめします。

_______

家族計画を立てる上で、出産後の妊娠のタイミングは大切なものですね。出産という大きな仕事を終えたママの体をいたわりながら、次の妊娠に向けて夫婦で話し合いましょう。

参考:

・医療情報科学研究所(編)、『病気がみえる vol.10 産科 第4版』、株式会社メディックメディア、2018年

・「D.産科疾患の診断・治療・管理 3.分娩の生理・産褥の生理」(産婦誌59巻10号研修コーナー)、2021年2月閲覧

・「母性健康管理ガイドブック 平成18年度 厚生労働省委託事業」(女性労働協会)、2021年2月閲覧

・「第66巻 日本公衛誌 第10号 原 著 妊娠間隔12ヶ月未満における母親の育児負担感に関する研究」、2021年2月閲覧

・「産後の避妊法」(日本産婦人科医会)、2021年2月閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事