【産婦人科医監修】赤ちゃんの性別はいつわかる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんの性別はいつわかる?

【産婦人科医監修】赤ちゃんの性別はいつわかる?

妊娠中気になることの一つがおなかの中の赤ちゃんの性別です。名前や、育児用品の準備などで早く性別を知りたい一方、生まれるまで楽しみにしておきたいと思う人もいるのではないでしょうか。
おなかの中の赤ちゃんの性別はいつ頃わかるのかまた性別の判断についてご紹介します。
妊娠中気になることの一つがおなかの中の赤ちゃんの性別です。名前や、育児用品の準備などで早く性別を知りたい一方、生まれるまで楽しみにしておきたいと思う人もいるのではないでしょうか。
おなかの中の赤ちゃんの性別はいつ頃わかるのかまた性別の判断についてご紹介します。

赤ちゃんの性別はいつ(何週に)どのようにわかる?

性別は妊娠16週以降(妊娠中期頃から)にわかることが多い

赤ちゃんの性別は受精した時点で決まります。

赤ちゃんの性器は、妊娠9週目頃から少しずつ体外に作られる外性器が出現し、男の子や女の子の性差の特徴が出てきます。

その性差がいつわかるかというと、妊婦健診のときに、膣の中に挿入して検査する超音波検査で11週頃から(妊娠4ヶ月)確認できることもあります。

妊娠16週以降になるとおなかの中の赤ちゃんも少しずつ大きくなり、動いていろいろな方向に体の向きを変えます。

妊娠5-6月に行われるおなかの外からの超音波では外性器を観察しやすくなるため、性別がわかることが多くなります。

しかしおなかの中の赤ちゃんの発育速度には個人差があり、向きや角度のこともあるため、必ずこの時期になると見えるというものではありません。

ではどのように赤ちゃんの性別を判断するのか、一緒に見ていきましょう。

赤ちゃんの性別はどのように判断される?

赤ちゃんの性別は外性器の有無で判断される

赤ちゃんの性別は妊婦健診のときに行う超音波検査で判断され、おなかの中の赤ちゃんの体外に作られる外性器の有無を見て性別を判断します。

赤ちゃんの股の部分に男性の外性器が見えれば男性、木の葉型の女性特有の外性器が見えれば女性と判断されます。

赤ちゃんの性別の確認方法

妊婦健診の超音波検査では、画面にうつる赤ちゃんを見ながら医師に教えてもらいつつ、ママやパパが実際に確認することもできます。超音波検査でうつった赤ちゃんの写真をもらうことができるので、その写真を見て確認することも可能です。

※超音波検査の写真がもらえるかは病院によって違いがあるため直接確認してください。種類によっては(3D画像写真や、4D、動画など)費用がかかる場合もあります。

エコー写真の見方に関しての記事はこちら

妊婦検診での一番の楽しみはエコーというプレママは多いのではないでしょうか。しかし画面に映っているものや数字やアルファベットは専門的に見えてわかりにくいですよね。そこで今回は妊婦検診がもっと楽しくなる2Dエコーの見方について、助産師さきさんに解説いただきました。

超音波検査は本来性別を判断するための検査ではない

妊婦健診のときに用いられる超音波検査で性別が判断されるとお伝えしましたが、超音波検査は本来赤ちゃんの動きと形態を観察し、体の構造や発育に問題がないかを見るためのものであり、性別を判断するための検査ではありません。

毎回妊婦健診で検査をしていたとしても、赤ちゃんの向きや足の角度によっては外性器が見えないときもあります。必ず確認できたりするものではないため性別がわからないこともあります。

中には出産間際まで明確に見えず性別がわからないという場合もあります。

医師が赤ちゃんの性別を伝えない場合もある

性別を知りたい or 知らないでおきたい という気持ちを早めに伝える

妊婦健診の際に赤ちゃんの性別を伝えるかどうかは産院や医師によって判断が異なります。

性別を前もって知っておきたい場合や、生まれるまで知らないでおきたい場合でも必ず早めに伝えておきましょう。医師とうまく意思疎通ができていないと「生まれるまで楽しみにしておきたかったのに赤ちゃんの性別を知ってしまった」などの事態も考えられます。

家族の意向がある場合は、早めに医療機関や医師に伝えておくとよいでしょう。

出産まで赤ちゃんの性別がわからなくても焦らないで

胎動を感じたりおなかが大きくなるにつれて、おなかの中の赤ちゃんが男の子か女の子かだんだんと気になる方もいるかもしれません。

生まれてくる赤ちゃんの名前を考えたり、生まれたあとの育児用品の準備や、周囲から「どっちだった?」と聞かれることもあり、赤ちゃんの性別がなかなかわからないと焦ったり心配になることも……。気にするだけではなく、妊婦健診のときに産婦人科医や助産師に気軽に相談してください。

参考:

株式会社メディックメディア、病気がみえる vol10 産科、2018年

株式会社学研パブリッシング(Gakken)、はじめての妊娠・出産、2013年

株式会社学研メディカ出版、改訂4版 安心すこやか妊娠・出産ガイド、2020年

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事