「マタニティマーク」はいつからつければいい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
「マタニティマーク」はいつからつければいい?

「マタニティマーク」はいつからつければいい?

自治体や雑誌の付録などでもらった「マタニティマーク」は、どのくらいの時期から身につけたらいいのでしょうか?MAMADAYSでは実際に先輩ママ、妊娠中のママからもアンケートを取りました。悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。
自治体や雑誌の付録などでもらった「マタニティマーク」は、どのくらいの時期から身につけたらいいのでしょうか?MAMADAYSでは実際に先輩ママ、妊娠中のママからもアンケートを取りました。悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

マタニティマークはいつからもらえる?

産婦人科を受診し、妊娠が確定したら市町村に妊娠の届出をすると母子手帳が交付されます。その際に、「マタニティマーク※」が無料配布されることがあります。

また公共交通機関の窓口(一部を除く)や雑誌の付録でもらうこともできます。

※マタニティマーク:妊産婦が交通機関などを利用するときに身に付け、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするものです。キーホルダー型になっているものや、車に貼る型のものもあります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

妊娠中に身につける機会のある「マタニティマーク」とは、どんなものなのでしょうか?おなかの目立たない妊娠初期から使用することで、自分が妊娠中であることを周りに知ってもらうことは大切なことなのです。「マタニティマークのこと」「どこでもらえるか」などをご紹介します。

マタニティマークはいつからつける?

もらったらすぐにつけましょう

妊娠初期は外見からは妊娠中とわかりにくいため、マタニティマークを身につけることで周りに気づいてもらうことができます。そのため、もらったらすぐにかばんなどのわかりやすい場所につけるとよいでしょう。

マタニティマークはいつから始まった?

「マタニティマーク」は、母子の健康水準を向上させるための様々な取り組みを国民で推進する計画である「健やか親子21」に関連しています。その取り組みの中で、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指して平成18年(2006年)に「マタニティマーク」を発表しました。

maternitymark_06

妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指して提案されたのがマタニティマークです。

マタニティマークはつけるべき?

交通機関などを利用するときにマタニティマークを身につけることで、緊急時など「もしも」のとき、ママ自身が妊娠中の身であることを周りに知らせやすくなります。

マタニティマークをつけておくに越したことはありませんが、インターネットなどで「嫌がらせされた」などの情報を見て心配になる人もいるかもしれません。

どうしてもマークをつけることが心配な場合は、すぐに出せる場所に備えとしてしまっておくとよいでしょう。

MAMADAYS妊娠中ママ・先輩ママから聞いた!マタニティマークいつからつけた?

2021年3月31日にMAMADAYSのInstagramのストーリー内で「マタニティマークについてのアンケート」を実施しました。

その中で「いつからつけています(いました)か?」という質問に238件の回答数がありました。MAMADAYSユーザーママたちは実際にいつからマタニティマークを身につけたのでしょうか?

母子手帳をもらってすぐ

「マタニティマークをいつからつけています(いました)か?」という質問に、「母子手帳をもらってすぐつけた」と回答が一番多い結果となりました。

そのほかは、以下のような回答がみられました。

  • 妊娠がわかってすぐ
  • つけていない
  • 安定期に入ってから
  • おなかが出てきてから
  • 職場などに報告してから
  • つわりがひどくなってから
  • 臨月に入ってから  など

マタニティマーク2

© 2015 every, Inc.

使用してみてよかったですか?

「マタニティマークを使用してみてよかったですか?」という質問には「よかった」という回答が52.9%、「どちらとも言えない」という回答が46.6%でした。

マタニティマーク03

© 2015 every, Inc.

よかった

「よかった」と答えた人は以下の理由でした。(一部抜粋)

「気分悪いな」と思うことを言われたこともあったものの、双子だったのでおなかが目立たない時期からめちゃくちゃ張りが強く……電車で席を譲ってもらえたりして、本気で助かったタイミングが多かったです。

疑惑を抱かれる隙もないくらいおなかが目立ってからは、付け忘れることも多くなったかもしれません。(3歳双子のママ)

まだおなかが目立たないときにマークを見て妊婦さんですか?と話しかけられたりしたときにうれしかった。(1歳7ヶ月のママ)

本当はつけたくなかったけど、つわりがひどかったのでもしものときを考えてつけていました。電車で席を譲ってもらうこともあり、本当にありがたかったです。(0歳のママ)

安心のためのお守りみたいなもの。おなかは大きくなったものの、自分の背が高くパッと見じゃ妊婦と判別できないので、(マタニティ)マークを見て、エレベーターを待ってもらえたことがある。(妊娠26週のママ)

どちらとも言えない

「どちらとも言えない」と答えた人は以下の理由でした。(一部抜粋)

何かあったときにすぐに妊婦ってわかってもらえる安心感があるからよかった。公共交通機関などでは席代われアピールと思われたくないので隠していました。ケースバイケースですね……。(妊娠33週のママ)

妊娠しているということでセールスをうけた。(妊娠35週のママ)

電車の中で気分が悪くなり、座る場所がなくしゃがみこんでいたにもかかわらず、見て見ぬふりで、誰も席を代わってくれず、マタニティマークをつけていても意味がないんだと思ったことがありました。(11歳、3歳、妊娠29週のママ)

なかなか妊娠できなかったので、マタニティマークを見ると羨ましい思いがあった。そういう人もいると思い、自分が妊娠できてマタニティマークをもらってもつけなかった。(妊娠30週のママ)

「悪かった」という意見は少数でしたが、不妊治療中の悩んでいるときに見たくなかった、などの意見が寄せられました。

妊娠中であることを周囲に伝えることは大切

マタニティマークを身につけておくことで、たとえば事故にあって会話ができない状況や、気を失って倒れたときなど、救急隊や周りの人に自分が妊婦であることを知らせることができます。

自分が妊娠中であることを周囲に知ってもらうことで、産科医や助産師のいる施設へ早急にアクセスすることが可能となり、より迅速で適切な対応を受けることができます。

maternitymark_06

また、万が一に備えるという観点ではマタニティマークの利用だけでなく、母子手帳も常に携帯しておくとより安心です。

参考:

厚生労働省、健やか親子21ホームページ「マタニティマークとは 」、(2021年4月14日閲覧)