【医師監修】妊娠しても「つわり」がないことがある? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠しても「つわり」がないことがある?

【医師監修】妊娠しても「つわり」がないことがある?

多くの方が体感するといわれている「つわり」。どんな症状が出るのかは人により様々ですが、「つわり」について不安を感じていたり、つわりがなくて心配なママもいるのではないでしょうか。この記事では、つわりがないことについて、つわりを解説しながら紹介していきます。
多くの方が体感するといわれている「つわり」。どんな症状が出るのかは人により様々ですが、「つわり」について不安を感じていたり、つわりがなくて心配なママもいるのではないでしょうか。この記事では、つわりがないことについて、つわりを解説しながら紹介していきます。

「つわり」とは?

つわりとは、妊娠によって起こる吐き気や嘔吐や、ときには倦怠感や頭痛などを伴う症状のことを指します。

妊娠初期の人の50~80%(※1)に起こる症状で、妊娠にまつわる一般的な症状です。

多くの方が感じる症状ですが、そのメカニズムなどはわかっていないことが多く、確実な対処方法もないのが現状です。症状を感じ始めるのは妊娠5〜6週の頃が多く、ほとんどの場合は妊娠中期までに自然におさまることが多いです。

しかし中には妊娠悪阻と呼ばれる重症の「つわり」になる場合があります。

妊娠悪阻とは

つわりの状態がどんどんひどくなり、強い吐き気や嘔吐で食事が取れないために急な体重減少や水分さえも取れず1日の尿の量が減少するような症状をいいます。そのような時は速やかに医師に相談しましょう。

※1医療情報科学研究所編、『病気がみえる vol.10 産科 第4版』、株式会社メディックメディア、2018年より

妊娠中に多くの方が経験する「つわり」。気持ち悪くなったり吐いたりというイメージはあるけれど、いつからどんなふうに症状が出るのか、いつまで続くのかなど、妊娠中のつわりについて詳しく解説します。

「つわり」には個人差がある

「つわり」のメカニズムは現在でもわからないことが多く、その原因も明らかになっていません。 また、「つわり」の症状についても人それぞれで、さまざまな症状があります。

多くの場合、

  • 吐き気
  • めまい
  • 体のだるさ
  • 眠くなる
  • 食べ物の好みが変化する

などの症状があり、人によって症状の度合いや期間、どんな症状が現れるかなど異なります。

「つわり」は必ず経験するもの?

つわりの種類に個人差があるように「つわりの有無」についても差があります。妊娠をしたら「つわり」があるものと思っているママもいるかもしれませんが、つわりはすべてのママが体感するとは限りません。

たとえば、前回の妊娠のときに「つわり」がなかった妊婦さんでも、次の妊娠では「つわり」を感じることがあるなど、個人差や母体の状況にかかわらず起こる場合があるのです。

「つわり」を経験しない場合もある

中には、全くつわりを体感せずに妊娠期間を終えるママもいます。

「つわり」が全くないことで、妊娠前の生活を振り返って、なんらかの原因が自分にあるのではないかと不安に感じるママもいるかもしれませんね。

つわりの有無と、妊娠前の生活習慣や仕事のスタイルには関係しているという報告はなく、因果関係はないといわれています。なので、つわりがないからと不安になる必要はありません。

「つわり」がなくても妊娠に影響はない

「つわり」がなかったとしても、赤ちゃんの発達や妊娠中の経過などに不安を感じる必要はありません。

「つわり」があることのほうが「よい」とするような情報に医学的な根拠はないので、妊娠中の健診や体調管理ができていれば、不安になる必要はありません。

「つわり」は妊娠の途中でおさまることも

つわりは妊娠期間中の一時期だけに症状が出る場合がほとんどです。

多くの場合は妊娠5週から16週頃までに症状が出て、その後は自然に治っていきます。

「つわり」がないことも個性の一つ

妊娠の期間を過ごすなかでその過程が「みんな一緒」になることはありません。

ママになる前の性格や体質に個人差があるように、「つわり」のあるなしについても個性の一つ。そのことが妊娠経過の良し悪しを決めるわけではありません。

妊娠期間中に大切なのは、ゆったりした気持ちで赤ちゃんを迎える準備ができることです。

「つわり」がなくても、必要以上に不安にならず、安心して過ごせるといいですね。

参考

・MSDマニュアル 家庭版、「妊娠前半にみられる吐き気と嘔吐」、2021年4月12日閲覧

・Doctors File、「つわり・妊娠悪阻 」、2021年4月12日閲覧

・医療情報科学研究所編、『病気がみえる vol.10 産科 第4版』、株式会社メディックメディア、2018年