洗濯機のドライコースとは?使い方やドライクリーニングとの違いを解説 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
洗濯機のドライコースとは?使い方やドライクリーニングとの違いを解説

洗濯機のドライコースとは?使い方やドライクリーニングとの違いを解説

洗濯機にあるドライコース。どんなときに使う機能で、通常コースとどう違いがあるのでしょうか。ドライ機能とドライクリーニングの違いがよくわからないという人もいるでしょう。この記事では、洗濯機のドライ機能・ドライコースについて解説していきます。
洗濯機にあるドライコース。どんなときに使う機能で、通常コースとどう違いがあるのでしょうか。ドライ機能とドライクリーニングの違いがよくわからないという人もいるでしょう。この記事では、洗濯機のドライ機能・ドライコースについて解説していきます。

洗濯機のドライコースとは?

洗濯機のドライコースは、クリーニング店のドライクリーニングとは違うのでしょうか。

まずは洗濯機のドライコースについてみていきましょう。

ドライコースの特徴

ドライコースは洗濯機の機能の1つで、洗濯による衣類の型崩れ、しわ、毛玉、色あせなどのダメージを抑えながら洗うことができる機能です。

洗濯機の機種やメーカーによっては名称が違うこともありますが、おしゃれ着コース、手洗いコース、ホームクリーニングコースなども同じ機能を指すものとなります。

ドライコースでは、デリケートなおしゃれ着用の中性洗剤を使って洗います。

通常よりも日常レベルの汚れであればドライコースでも十分に落とすことができますよ。気になる汚れがあれば、直接洗剤を部分的につけて洗いましょう。

ニット類などのデリケートなもの、レースやスパンコールなどの装飾がついたもの、ジャケットやスーツなどの型崩れしやすいものなどを洗うときに向いています。

通常コースとの違い

ドライコースは、通常コースと比較して水流、水量が弱く設定されています。乾燥時の温度も低く設定され、衣類へのダメージを抑えるように洗濯・脱水・乾燥します。

ドライコースでは、洗濯槽をほとんど回転させず、機種によってはゆすりだけなどで洗います。温度変化に弱い衣類を洗う際は、水温は30℃以下の低い温度で洗い、お湯や風呂の残り湯は避けて洗います。

一度に洗うことができる洗濯量も通常コースより大幅に少なく設定されていることが多いです。

乾燥機にかけたら衣類が縮んだ!いつもどおり洗濯したはずなのに、何だかきつくなっている気がする、と感じたことはありませんか。実は、素材や洗濯のしかたによって、服が縮む場合があります。この記事では、洗濯で服が縮む原因や対処法、縮みやすい素材についてご紹介します。

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングとは?

混同しやすいですが、ドライクリーニングと洗濯機のドライコースは全く別のものです。

洗濯機のドライコースは水洗いの一種ですが、ドライクリーニングは水を使わずに「有機溶剤」を使って洗うクリーニング店における洗い方です。

水洗いすると縮んだり、型崩れをしたり、風合いを損ねてしまったりするデリケートなものでも、ドライクリーニングであればダメージを抑えて洗うことができます。

ドライクリーニングは油汚れに強く、水溶性の汚れはドライクリーニング用の洗剤を使って落とします。

ドライクリーニングには、パークロロエチレンで洗う方法と、石油系溶液で洗う方法の2種類があります。

パークロロエチレンは、汚れのひどいもの、生地が丈夫なものに向いていますが、風合いが柔らかいものやスパンコールなどの装飾がついたものには不向きです。

石油系溶剤は、パークロロエチレンと比較すると油汚れを落とす力は劣りますが、デリケートなものも洗うことができます。

現状ドライクリーニングでよく使われている有機溶剤は石油系溶剤であり、特別な説明なくドライクリーニングと表される場合は、石油系溶剤を使ったドライクリーニングを指す傾向にあります。

洗濯表示の意味と正しい見方

洗濯機のドライコースも、ドライクリーニングも、デリケートな衣類に向いている洗い方という点では共通しています。

何を基準に洗濯機のドライコースとドライクリーニングを使い分けるかは、洗濯表示で判断します。

洗濯表示の意味

洗濯表示のドライマークはドライクリーニングに関するマークです。

旧表示では、「ドライ」「ドライセキユ系」、新表示では「P」「F」が丸の中に書かれているものになります。

洗濯表示

© every, Inc.

◼︎新表示

P:パークロロエチレン・石油系溶剤

F:石油系溶剤のみ

※マークに下線がある場合は「弱いクリーニング」を指しています

◼旧表示

ドライ:パークロロエチレン・石油系溶剤

ドライセキユ系:石油系溶剤のみ

バツがついていればドライクリーニングは不可という意味になります。

平成28年12月より洗濯マークが大きく変わったため、判断に困ることも多いですよね。この記事では、洗濯マークの「F」について解説しますので、ぜひ毎日の洗濯に役立ててくださいね。

ドライマークの衣類は家で洗濯できないの?

ドライマークがついているからといって、洗濯機では洗えない、ドライクリーニングに出さないといけない、という意味ではありません。

ドライマークのほかに手洗いや洗濯機のマークがついている場合、手洗いまたは洗濯機での洗濯が可能です。

水洗い不可のものには、「家庭での洗濯不可」を意味する洗濯桶にバツがついたマークが表示されています。

つまり、ドライマークと水洗い不可の表示の両方があれば、必ずドライクリーニングに出すという意味で、この場合は洗濯機では洗えません。

ドライマークと洗濯機もしくは洗濯桶のマークの両方があれば、ドライクリーニングと手洗いもしくは洗濯機洗いのどちらでもできる、という意味になります。

洗濯表示

© every, Inc.

衣類をホームクリーニングで洗う方法

デリケートな衣類を自宅で洗う方法は、洗濯機のドライコースを使う方法と手洗いをする方法の2種類です。

洗濯機のドライコースを使った洗い方

まずは洗濯機のドライコースを使った洗い方の手順です。

◼︎用意するもの

  • 洗濯用中性洗剤
  • 洗濯ネット

◼︎手順

  1. 洗濯物を裏返して洗濯ネットに入れる。
  2. 洗濯機に洗濯物を入れる。
  3. 洗濯機の電源を入れ、ドライコースを選ぶ。
  4. 洗剤を入れて、スタートボタンを押す。
  5. 脱水まで終わったら洗濯表示に従って干す。

注意点は、ネットに入れる際は1着ずつ別のネットに入れること。また、衣類の摩擦を避けるため裏返しが基本ですが、汚れがひどいときは裏返さずにネットに入れましょう。

洗剤は規定量以上を使うと、すすぎ残しの原因にもなるため適量を入れるようにしましょう。

洗濯表示に従えば問題はありませんが、ドライコースを使うようなデリケートな衣類は、漂白剤や乾燥機は使用せず、陰干しすることをおすすめします。

洗濯物は裏返しにしたほうがいいって聞いたけど本当?と疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。衣類を裏返すことによって、よりきれいに洗濯できる場合もあります。裏返しで洗濯するメリットやデメリット適したアイテムについて詳しく見ていきましょう。

手洗いの方法

手洗いをするときは、押し洗いが基本です。

◼︎用意するもの

  • 中性洗剤
  • 洗濯桶、バケツ、洗面器など(シンク利用でも)

◼︎手順

  1. 洗濯桶などに水を入れ、規定量の洗剤を溶かしておく。
  2. 洗濯物は基本的に裏返して、軽くたたんでおく。
  3. 軽くたたんだまま水に浸けて上からやさしく押す、持ち上げる、を20〜30回程度繰り返す。
  4. 新しい水に交換して押し洗いをしてすすぐ。(2〜3回)
  5. 脱水はやさしくしぼるか30秒~1分程度洗濯機で脱水にかける。
  6. 洗濯表示に従って干す。

手洗いは1着ずつ行いましょう。

洗濯物は裏返しが基本ですが、洗濯機同様に汚れが気になる場合は、裏返さず洗ったり、部分汚れに洗剤を直接塗るなどして対応しましょう。

ニット類の脱水の場合は、絞らずに大きなタオルで挟んで水気を吸い取ると伸びにくいですよ。

ドライコースにおすすめの洗剤

ドライコースで洗濯するときはやさしく洗える洗剤を選びましょう。

ホームクリーニング、おしゃれ着用、ドライ、デリケート、ダメージケアと記載されていることが多いです。

クリーニングに出したほうがいい衣類

水洗いできないものは自宅では洗わず、クリーニングに出しましょう。

また、水洗いできるものであっても、高価なものや装飾が多いもの、デリケートなもの、長く大切に着たいものはクリーニングに出すことをおすすめします。

洗濯機の機能が向上し、ジャケットやスーツなど、さまざまなものが自宅で洗濯できるようになってきました。一方で、ホームクリーニングに挑戦してみたものの失敗してしまったという人も少なくありません。

自宅で洗濯できそうでも、不安を感じるものや失敗したら困るものはクリーニングに出してプロにケアしてもらうようにしましょう。

毎日の洗濯の負担は代行サービスで軽減しよう!

子育て中や共働きの家庭にとって、毎日の洗濯は大きな負担ですよね。

  • 家事や仕事で忙しくて手が回らない!
  • 天気が悪い・花粉で洗濯物が溜まりがち……
  • たまには家事を休みたい!

こんな悩みがある人は1度宅配クリーニングを試してみてはいかがでしょうか。

宅配クリーニングは依頼も受け取りも自宅にいながらできてしまうので、子育てや共働きで忙しい家庭にぴったり。

たまに利用するだけでも家事の負担がぐっと軽くなるのでおすすめです

【リネット】会員数45万人を突破!宅配クリーニングのリネット

  • 当日集荷・全国対応!
  • 店舗と変わらない価格で自宅にいたまま利用できる
  • 業界最大級の宅配クリーニングサービス

【カジタク】100万件突破!保管付き宅配クリーニング

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)
  • 安心のイオングループ
  • 販売実績100万件突破!
  • 最長9ヶ月保管!送料無料

【せんたく便】オトクに長期保管できる宅配クリーニング

「満足度ランキング2年連続No.1」の宅配クリーニング【せんたく便】
  • 会費・往復送料・シミ抜き無料
  • 最大11ヶ月の保管付き
  • 24時間いつでも依頼可能

【正直なクリーニング屋】毎日500点を仕上げる宅配クリーニング

300x250
  • 全国対応!創業70年
  • 往復送料・年会費・保管サービス対応無料!
  • 抗菌クリーニング加工無料!

ドライコースやクリーニングで大切な衣類を長持ちさせよう

洗濯機のドライコースを使いこなせば、ニットなどのデリケートな衣類も自宅で気軽に洗うことができます。

また、自宅で洗えないもの、洗うことができても上手に洗う自信がないものはクリーニングを活用し、上手に使い分けをしましょう。

正しくやさしく洗うことで、衣類は長持ちします。きっと、おしゃれもますます楽しくなりますよ。

  • 洗濯機のドライコースはデリケートな衣類の洗濯に適した機能
  • 水ではなく有機溶剤で洗うドライクリーニングとは全く別物
  • デリケートな衣類は洗濯表示を基準に洗い方を判断する
  • 水洗いできないものや大切なものなどはクリーニングがおすすめ

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当