赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつから?料金や機内サービスなど注意点をチェック | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつから?料金や機内サービスなど注意点をチェック

赤ちゃんが飛行機に乗れるのはいつから?料金や機内サービスなど注意点をチェック

帰省や旅行などで赤ちゃんと初めて飛行機を利用するとき、料金体系や、赤ちゃん用の機内サービスは? 周囲に迷惑をかけないためには? など、心配要素はつきものですよね。そこで今回は、赤ちゃんと初めて飛行機に乗る際に知っておきたい知識についてご紹介します。
帰省や旅行などで赤ちゃんと初めて飛行機を利用するとき、料金体系や、赤ちゃん用の機内サービスは? 周囲に迷惑をかけないためには? など、心配要素はつきものですよね。そこで今回は、赤ちゃんと初めて飛行機に乗る際に知っておきたい知識についてご紹介します。

赤ちゃんはいつから飛行機に乗ることができる?

【国内線の場合】

生後8日後からOK

【国際線の場合】

搭乗可能月齢:航空会社により異なる

1名の大人に対して、2名の乳児(2歳未満)が搭乗可能です。国際線の場合、医師の承認状があれば生後8日未満でもOKというところもあるようです。利用したい航空会社のサイトやサポートデスクで確認しておきましょう。

赤ちゃんが飛行機に乗る場合のチケットの手配方法や料金について

【国内線の場合】

3歳児未満は大人のひざの上なら運賃は無料

【国際線の場合】

2歳児未満の席の利用なしの子どもは大人の運賃の10%程度(航空会社によって異なります)

国際線の場合は運賃が発生するため、チケット手配の際に申請します。国内線の場合は3歳未満の赤ちゃんは無料ですが、料金がかからない赤ちゃんにも搭乗券が発行されるため予約は必要です。赤ちゃん用のベッド(バシネット)を利用したい場合は、予約時にその旨を伝えるようにしましょう。ただし数に限りがあるため、早めの予約をこころがけましょう。

授乳やおむつ替えなどは機内サービスを利用しよう!

航空会社によっても差がありますが、空港内でのベビーカー貸出をはじめ、早めの搭乗サービスや離乳食提供、ミルク作り、毛布やおもちゃの貸出、お土産のプレゼントといった子ども向けの特別配慮をしているところもあるようです。

利用できるサービスを事前に確認しておけば、荷物を少しでも減らせるかもしれませんね。

飛行機でのぐずり対策にあると便利なグッズとは

飛行機の赤ちゃん連れの搭乗は不安がいっぱいですよね。事前に赤ちゃんのお気に入りのおもちゃやおやつや絵本を用意しておくと、いざというときの助けになります。持っておくと安心なグッズも確認しておきましょう。

チェアベルト

赤ちゃんは飛行機に乗っている間中ずっとひざの上。両手が使えないのは何かと不便ですよね。そんなときに役立つのがチェアベルト。ママのウエストに取りつければ、離乳食をあげたりするときも便利です。小さくたためるので、荷物にならないのもうれしいポイントですね。

絵本

お気に入りの絵本を1冊用意しておきましょう。時間を持て余しそうなときやグズり始めたときにサッと取り出し、読んであげるのがおすすめ。仕掛け絵本やカラフルな絵本であれば、さらに赤ちゃんが興味を示してくれますよ。

おくるみ

1枚あると便利なおくるみは

  • ブランケット
  • 授乳ケープ
  • おむつ替えシート

の代わりとしても活躍してくれるアイテム。折りたたんでも邪魔にならないものを1枚持っておくと重宝します。

おやつ

食事とねんねの間に活躍してくれるのがおやつです。飛行機でのおやつは、できるだけ汚さずに食べられることが最優先! 手がベタベタになりにくいおせんべいやたまごボーロなどがおすすめです。

音の出ないおもちゃ

持参するおもちゃは周りの迷惑にならないよう、音の出ないものをチョイスしましょう。お気に入りと目新しいもの、2つくらい用意しておくと安心です。万が一投げたり振り回したりしても痛くないよう、やわらかい素材のものを選びましょう。

_______

赤ちゃんと初めての飛行機の搭乗は不安もありますが、しっかり事前に下調べ&準備しておけば安心です。ここで紹介した内容を参考に、赤ちゃんとの素敵な旅を満喫してくださいね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事