【妊娠したとき気をつけたい性感染症】梅毒 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【妊娠したとき気をつけたい性感染症】梅毒

【妊娠したとき気をつけたい性感染症】梅毒

法定性病のひとつ。胎盤を通じて感染して流産、早産、先天性梅毒の原因になります。
法定性病のひとつ。胎盤を通じて感染して流産、早産、先天性梅毒の原因になります。

赤ちゃんへの影響

 トレポネマ・パリズムが皮膚や粘膜の傷口から感染して起こる法定性病のひとつで、セックスやキスなどでうつります。

 梅毒は胎盤を通して赤ちゃんに感染します。梅毒にかかってから日にちがたっていたり感染力が強いと、流産や早産、時に死産をまねいたり、赤ちゃんが先天性梅毒になったりと、赤ちゃんにまで影響のある性感染症です。

対処法

 感染してまもない場合は、ペニシリン系の抗菌薬の注射や内服薬でほとんど治ります。胎盤が完成する妊娠15週までに治療を受ければ、赤ちゃんへの影響はありません。治療が遅れれば、胎盤を通じて赤ちゃんへ感染することがあります。梅毒の検査は、妊娠すると必ず行われます。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当