きほんの離乳食 豆腐(生後5〜6か月頃から)【管理栄養士監修】 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

きほんの離乳食 豆腐(生後5〜6か月頃から)【管理栄養士監修】

はじめての離乳食、ゴックン期(生後5〜6か月頃)の豆腐の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期(生後5〜6か月頃)の豆腐の調理の仕方をご紹介します。
離乳食を初めて慣れてきた頃から食べさせてみてください。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

きほんの離乳食 豆腐(生後5〜6か月頃から)【管理栄養士監修】

はじめての離乳食、ゴックン期(生後5〜6か月頃)の豆腐の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期(生後5〜6か月頃)の豆腐の調理の仕方をご紹介します。
離乳食を初めて慣れてきた頃から食べさせてみてください。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

MAMADAYSイチオシはこちら!

ベアバのベビークックSOLO

27,500円

離乳食の豆腐の材料

  • 絹ごし豆腐 1食分(約10〜20g)

※初期は口当たりの良い絹ごし豆腐をおすすめします

  • 伸ばすためのお湯またはだし汁 適量

離乳食の豆腐の作り方

  1. 沸騰したお湯に豆腐を入れて約1〜2分茹でる。
    (電子レンジの場合は、深めの耐熱容器に豆腐と水をひたひたに入れる。
     ふんわりラップをかけて電子レンジ(600w)で約1〜2分加熱する)
  2. 粗熱が取れたら、すり鉢で滑らかなペースト状になるまですりつぶしたり
    ポリ袋に入れて指で潰したりする。慣れていない頃は裏ごしする。
  3. お子さまに合わせてお湯またはだし汁でポダージュ状〜ジャム状にする。

離乳食で豆腐を食べられる時期

ゴックン期(生後5〜6か月頃)からのお子さまから召し上がっていただけます。

モグモグ期(生後7〜8ヶ月頃)の豆腐の調理の仕方はこちらの記事を参考にしてください。

はじめての離乳食、モグモグ期(生後7〜8ヶ月頃)の豆腐の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のモグモグ期(生後7〜8ヶ月頃)の豆腐の調理の仕方をご紹介します。
淡白で消化も良く食べやすい食材です。

離乳食の豆腐の保存方法

冷蔵保存:当日中に食べきる。食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱する。

(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。 匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)

離乳食の豆腐の保存方法についての詳細はこちらの記事を参考にしてください。

豆腐は調理にあまり手間がかからず、離乳食の初期から取り入れやすい頼もしい食材です。とはいえ、毎回少量を加熱してすりつぶすのはやはり大変です。まとめて作って冷凍保存ができたら便利ですよね。この記事では離乳食の豆腐を冷凍保存するときのポイントや、レシピなどをご紹介します。

豆腐を使った離乳食のアレンジレシピ

大人も一緒に食べられる豆腐ハンバーグのとりわけレシピなど、3つの離乳食の豆腐ハンバーグレシピを紹介しています。

豆腐ハンバーグは豆腐を入れることでやわらかく食べやすくなっているため、赤ちゃんにハンバーグを作るときにおすすめのメニューです。この記事では、離乳食の豆腐ハンバーグについて、動画で見られるレシピや冷凍保存方法を紹介します。肉を使わないレシピも紹介していますよ。

その他の豆腐の離乳食レシピ

卵豆腐は離乳食として与えるなら、卵豆腐もだし汁も、手作りするのがおすすめです。

離乳食としては完了期の1歳~1歳6ヶ月になってから与えるようにしましょう。

卵豆腐はだし汁と溶いた全卵を混ぜ合わせて蒸し固めたものです。豆腐という名がついていますが、大豆やにがりは使われていません。ビタミンB12やたんぱく質が含まれています。今回は、赤ちゃんに卵豆腐を与えられる時期や、調理方法や保存方法なども併せてご紹介します。

高野豆腐は離乳食中期の生後7~8ヶ月頃から、乾燥した状態のまますりおろしたり、水に戻して細かく刻んで加熱して与えられます。

乾燥したまますりおろすと簡単に粉状になるので、ほかの料理に混ぜて使うのにぴったりです。

野菜の煮ものやあんかけなどにさっとふりかければ栄養価をプラスでき、メニューのバリエーションも広げてくれます。

豆腐を凍結して、熟成、乾燥させて作る高野豆腐。
大豆が原料で、たんぱく質やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素が含まれています。長期保存ができ調理しやすいこともポイント。今回は、離乳食の高野豆腐はいつから与えられるのか、 下ごしらえのコツなどをご紹介します。

注意事項

  • 離乳食に慣れてきた頃から食べさせてあげてください。
  • 大豆アレルギーがで出やすい食品なので、初めは様子を見ながら少しずつ与えてください。
  • ゴックン期(生後5〜6か月頃)は加熱して食べさせてあげてください。
  • 作った豆腐は常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。
  • 清潔な保存容器を使用してください。
  • 離乳食初期には冷凍保存はおすすめできません。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

離乳食レシピをもっと便利に見たい方へ

MAMADAYSでは、アプリでも離乳食のレシピ動画を多数紹介しています。

アプリは、より便利で快適にレシピ動画をみることができます。

※MAMADAYSアプリの機能は全て無料です。

シナぷしゅコラボレーションの離乳食 レシピを公開中

WI0042_MAMADAYS×シナぷしゅページ用_バナー

© 2015 every, Inc.

テレビ東京の乳幼児向け番組『シナぷしゅ』とMAMADAYSがコラボレーション! 食育コーナー「マンマタイム」の料理レシピを放送日に公開しています。

動画でわかりやすく 季節やイベントにちなんだかわいい料理をアプリならサクサク見れて便利。

離乳食レシピを時期別に分け、より見やすい

お気に入りのレシピを離乳食の時期別に保存できるのが便利です。

ママデイズアプリの離乳食時期別

© 2015 every, Inc.

食材ごとにレシピ動画を見る

使ってみたい食材で離乳食を作りたいときや、はじめて使う食材で何を作ろうか悩んでいるときなどに役に立ちます。

ママデイズアプリの離乳食食材別

© 2015 every, Inc.

子どもの初めて食べた食材を記録できます

子どもが食材を初めて食べた日や、食材ごとに子どもの食物アレルギー情報などを記録できます。

ママデイズアプリの離乳食記録

© 2015 every, Inc.