お宮参りのママの髪型はどうする?長さ別アレンジを動画で紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)

MAMADAYS(ママデイズ)

お宮参りのママの髪型はどうする?長さ別アレンジを動画で紹介

お宮参りのママの髪型はどうする?長さ別アレンジを動画で紹介

この記事では、お宮参りでのママの髪型について解説します。 洋装と和装に似合うヘアスタイルや、長さ別のヘアアレンジの方法について紹介します。どんな髪型がお宮参りにふさわしいのか、注意点とともに見ていきましょう。
この記事では、お宮参りでのママの髪型について解説します。 洋装と和装に似合うヘアスタイルや、長さ別のヘアアレンジの方法について紹介します。どんな髪型がお宮参りにふさわしいのか、注意点とともに見ていきましょう。

お宮参りの髪型で気をつけること

生後1ヶ月頃におこなわれるお宮参り。お宮参りの髪型にルールは定められていませんので、基本的には自由な髪型でお宮参りを迎えても問題ないでしょう。

とはいえ「どんな髪型が定番なのだろう」と気になっているママも多いはず。また、せっかくのお宮参りには、服装に合った髪型や写真写りのよい髪型で臨みたいですよね。

お宮参りの髪型で、どのようなポイントに気をつけたらよいのかを具体的に紹介していきます。

この記事では「お宮参り」にいつ行けばいいのかについて紹介します。お宮参りの日取りについてはもちろん、当日の流れや、持ち物、服装などについても合わせて紹介します。

髪の毛の色

お宮参りには落ち着いた髪色が適しています。黒やこげ茶色の髪色であれば、フォーマルな雰囲気が演出できてよいでしょう。

とくに和装をする場合であれば、暗めの髪色のほうが衣装にマッチしやすいです。とはいえ普段明るめの髪色をしているママにとっては、髪色を暗くすることは簡単ではないですよね。

先ほどもお伝えしたように、お宮参りでの髪型に厳格なルールは定められていませんので、ハイトーンカラーの髪色で参加しても問題はないといえるでしょう。髪色が明るくて気になる場合には、ヘアスプレーを用いて一時的に黒髪にするのもひとつの手段です。

ヘアスタイル

髪の毛が長いママは、お宮参りではアップスタイルにするのがおすすめです。お宮参りで赤ちゃんを抱っこしたときに、赤ちゃんの顔に髪の毛が掛からずに済むからです。

またアップスタイルであればスッキリとした印象になるため、よりフォーマルな雰囲気を高めることもできるでしょう。

アップスタイルにもさまざまなデザインがあるため、お好みの髪型にアレンジすることでママもいっそう楽しめるでしょう。自分でアップスタイルにセットしても問題はありません。または美容院に行って、自分でするのは難しいようなアップスタイルに仕上げてもらうのもよいですね。

髪飾り

お宮参りで使用する髪飾りは、目立ちすぎないものが適しています。あまりにも大きな髪飾りだと、派手すぎる印象になってしまう可能性があります。お宮参りの主役は赤ちゃんということを忘れずに、少し落ち着いた雰囲気を意識して髪飾りを選ぶとよいでしょう。

また、揺れない髪飾りを選ぶこともおすすめです。揺れる髪飾りは赤ちゃんを抱っこしたときに、顔に触れてしまうことが考えられるからです。小さめの髪飾りでもおしゃれなものがあるため、品のあるアイテムを選んでみましょう。

お宮参りのメイクのポイント

お宮参りでのメイクもママにとって気になるポイントですよね。髪型と同様に、お宮参りのメイクにもルールは定められていません。

「よりお宮参りにふさわしいメイクに仕上げたい」というママは、落ち着きのある雰囲気を意識するとよいでしょう。

たとえば存在感のあるカラーメイクよりも、ブラウン系のメイクのほうが落ち着いた印象に仕上がりやすいです。メイクに使うコスメは、派手な色味よりも肌馴染みのよいカラーを選択するように心がけてみましょう。大人っぽさと品のある雰囲気を意識することが、お宮参りにふさわしいメイクに仕上げるポイントです。

和装に合うおすすめのお宮参りの髪型

お宮参りに行くときには、着物を着るママも多いようです。着物を着るときには「似合う髪型にはどんなものがあるのだろう」と悩みやすいですよね。ここでは、和装に似合うヘアアレンジを髪の長さごとに紹介します。

ショートヘア:和装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ショートヘアの場合は、無理にアップスタイルに仕上げる必要はありません。とはいえノーセットでは物足りない印象にもなりがちです。

ワックスやヘアアイロンを使って軽くアレンジしてもよいでしょう。顔周りの髪の毛に動きをつけたこちらのスタイルもおすすめです。

〈手順〉

  1. 前髪を巻き、顔周りの毛は外ハネにする 【0:25】
  2. トップの毛を取り、大きな円を描くように巻く 【0:31】
  3. 両サイド同様のカールに仕上げる 【0:37】
  4. バームワックスを手になじませて、髪全体につける【0:44】

ボブヘア:和装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ボブヘアのママには、ねじってできるヘアアレンジがおすすめです。ねじりアレンジであれば、上品さをキープしながらほどよくおしゃれな雰囲気を演出できます。和装でお宮参りに参加する際にもぴったりの、ねじりアレンジを見ていきましょう。

〈手順〉

  1. 後頭部で髪の毛を半分に分けます【0:14】
  2. 毛束を上に向かってねじっていきます【0:21】
  3. 襟足から適度に後れ毛を出します【0:25】
  4. ねじった毛先を後頭部にピンで留めます【0:27】
  5. 反対側の髪の毛も、②~④の工程を繰り返します【0:30】
  6. 飛び出している毛をピンで整えます【0:38】

事前にスタイリング剤を揉みこんでおくと、髪の毛をピンで留めやすくなります。

ミディアムヘア:和装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ミディアムヘアのママなら、髪の毛をお団子にまとめるアレンジがよいでしょう。スッキリした印象をプラスできるお団子ヘアは、お宮参りの和装スタイルにぴったりです。

※動画にはロングヘアと表示がありますが、ミディアムヘアでもアレンジできます

バランスのよいお団子ヘアに仕上げるためには、適切な位置で髪をまとめることが大切です。セルフでできるお団子ヘアのアレンジとコツを見ていきましょう。

〈手順〉

  1. 顎と耳の延長線上にポニーテールを作ります【0:17】
  2. 2つに分けてツイストし、適度にほぐします【0:21】
  3. 毛先をゴムで縛ります【0:36】
  4. ピンを大きく開き、毛先を根元に巻き付けてしっかりと留めます【0:44】
  5. トップと後頭部の毛を爪で引き出します【0:46】

ロングヘア:和装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ロングヘアのママの場合は、お団子ヘアや夜会巻きですっきり仕上げるアレンジがおすすめです。全体にボリュームを出しすぎないまとめ髪は上品な印象になるため、お宮参りの和装にもぴったり。ここでは、下めのお団子ヘアのヘアアレンジを紹介します。

(動画はミディアムヘア向けですが、ロングの人でもアレンジできます)

〈手順〉

  1. 後頭部でハーフアップを作ります【0:29】
  2. その上にも同様のひとつ結びを作ります【0:33】
  3. 上で結んだ毛の下から、下で結んだ毛を通します【0:37】
  4. 耳の後ろの髪の毛をひとつに結びます【0:41】
  5. 結んだ髪の毛をくるりんぱしてほぐします【0:42】
  6. 襟足の髪の毛をひとつ結びにし、毛先付近もゴムで縛ります【0:47】
  7. 毛先から中間に向かってくるりんぱし、ほぐします【0:48】
  8. ピンを使い、毛先を髪の根元に留めます【0:53】
  9. 根元の髪の毛を適度に引き出します【0:57】

洋装に合うおすすめのお宮参りの髪型

ワンピースやスーツスタイルでお宮参りに参加するママも多いようです。洋装でお宮参りに参加する場合にどんな髪型が適しているのかは気になるポイントのひとつでしょう。ここでは、洋装でのお宮参りに合うおすすめの髪型をご紹介します。髪の毛の長さ別にチェックしていきましょう。

ショート:洋装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ショートヘアの場合、和装と同様で無理にアップスタイルに仕上げる必要はないでしょう。軽くワックスをつけて動きを出すだけでも、おしゃれな印象に仕上がります。強めのカールがついた巻き髪は、派手になりやすいため注意するといいかもしれません。ストレートアイロンを使った、ゆるいパーマ風のアレンジを紹介します。

〈手順〉

  1. 表面の髪の毛をとり、根元からまっすぐ引っ張りながらアイロンをあてます【0:13】
  2. 毛先で手首を内側にひねります【0:18】
  3. 表面全体を同じように巻いていきます【0:24】
  4. 襟足・内側・表面の順番でバームワックスをつけます【0:34】
  5. 内側の髪の毛を耳掛けします【0:40】

ボブヘア:洋装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

短めのボブヘアの場合は、無理にアップスタイルにしなくてもよいでしょう。長めのボブヘアであれば、ハーフアップにするとスッキリとした印象に仕上がります。

こちらの動画で紹介している「オフィススタイル」のハーフアップは落ち着いた雰囲気に仕上がるため、洋装にもぴったりです。使用するアイテムはヘアゴムだけで、2つの工程だけで簡単に完成するハーフアップです。忙しいママに嬉しい、簡単ヘアアレンジですね。

〈手順〉

スタイル1

  1. 髪の上半分をジグザグに分けて小さめのお団子に結ぶ【0:09】
  2. お団子部分とトップをほぐす【0:23】
  3. 残った毛先を外ハネにする【0:32】

スタイル2

  1. ハーフアップよりも上めの位置で髪の毛を結び、くるりんぱします【0:42】
  2. 最初に結んだ位置より下、こめかみのあたりから髪を取り、最初のハーフアップの結び目のすぐ下で結んでからくるりんぱします【0:47】
  3. トップをほぐします【1:03】
  4. 残った毛先はくせを直す程度に真っ直ぐアイロンをかける【1:06】

ミディアムヘア:洋装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ミディアムヘアであれば、お団子にしてひとつにまとめたスタイルがおすすめです。ほどよいふんわり感のあるお団子ヘアは、洋装でのお宮参りにマッチするでしょう。ほどよい立体感のあるお団子ヘアなら、普段とは少し違った雰囲気を演出できます。簡単にできるお団子ヘアのアレンジをチェックしていきましょう。

〈手順〉

  1. コテで表面の髪の毛を軽く巻きます【0:17】
  2. サイドの髪の毛を残した状態でローポニーにします【0:19】
  3. トップの髪の毛をほぐします【0:22】
  4. 結んだ髪の毛を三つ編みにします【0:26】
  5. 三つ編みを大きめにほぐします【0:28】
  6. 毛先を結び目に入れるようにしてお団子を作ります【0:31】
  7. 顔の横の毛を引き出して後れ毛を作ります【0:34】
  8. サイドの毛をねじってほぐします【0:38】
  9. お団子の下でクロスさせて留めます【0:42】
  10. コテで後れ毛を巻くことで、よりこなれた印象に仕上がります【0:47】

ロングヘア:洋装に合うおすすめの髪型

Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

ロングヘアはハーフアップにアレンジすることで、洋装にぴったりなスタイルに仕上がります。女性らしく品のある雰囲気のハーフアップは、洋装でのお宮参りにもマッチするでしょう。ヘアゴム3つだけでできるヘアアレンジを紹介します。

〈手順〉

  1. 髪の毛をゆるく巻き、全体にオイルをつけます【0:08】
  2. こめかみより少し上の位置で、ハーフアップにします【0:16】
  3. ゴムで結んだところを少し引き下げ、真ん中を割ります【0:26】
  4. 毛束を入れ込みくるりんぱし、ぎゅっと引き上げます【0:30】
  5. トップと結び目をほぐします【0:47】
  6. その下の部分でも同じように結びます【0:53】
  7. さらに下の部分で髪の毛を結び、結び目を引き下げます【1:03】
  8. 引き下げたところに指を入れてねじります【1:12】
  9. そのまま結んだ毛束をすべて通します【1:17】
  10. 耳の上の髪の毛をほぐします【1:27】

お宮参りにおすすめの髪飾りは?

お宮参りで使用する髪飾りは、派手すぎず上品なデザインのものがよいでしょう。

激しく揺れるものや、目立ちすぎるデザインのものは控えるのが無難です。和風な印象のべっこう塗りデザインの髪飾りや、パールのついたシンプルな髪飾りなどがおすすめです。フォーマルシーン用の髪飾りを使用してもよいでしょう。

また、服装に合わせた髪飾りを選ぶことで、統一感のある雰囲気を演出できます。髪飾りを選ぶ際も「お宮参りの主役は赤ちゃん」ということを忘れないようにしたいですね。お宮参りでの大人っぽいヘアアレンジに華を添えてくれるような、上品な髪飾りを選ぶことがポイントです。

髪を整えてお宮参りの記念をきれいに残そう

せっかくのお宮参りでは、その場に合った髪型やメイクがしたいと思うママが多いでしょう。お宮参りの髪型に厳密なルールはありませんが、派手すぎず上品な髪型を心がけるとよさそうです。

紹介したポイントを意識しながら、お宮参りの準備を進めてみてはいかがでしょうか。お宮参り向けの髪型に整えることができれば、より充実した記念写真を残すこともできそうですね。

  • 基本的には自由な髪型でお宮参りを迎えても問題ない
  • お宮参りではアップスタイルにするのがおすすめ
  • お宮参りでの髪色は自由ですが落ち着いた色が好ましい
  • 髪飾りは激しく揺れるものや、目立ちすぎるデザインのものは控える

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当