【管理栄養士監修】離乳食の春菊|いつからはじめる? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食の春菊|いつからはじめる?

【管理栄養士監修】離乳食の春菊|いつからはじめる?

独特の苦みと香りが特徴の春菊。カロテンやビタミン、カルシウムなどの栄養素を含む野菜です。大人は、鍋料理や和え物で馴染み深い春菊。離乳食に取り入れるにはいつからがよいのでしょうか。今回は離乳食の春菊はいつから与えられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
独特の苦みと香りが特徴の春菊。カロテンやビタミン、カルシウムなどの栄養素を含む野菜です。大人は、鍋料理や和え物で馴染み深い春菊。離乳食に取り入れるにはいつからがよいのでしょうか。今回は離乳食の春菊はいつから与えられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

おすすめ1位はこちら!

ドードル ベビー スプーン・フォーク&ケース

2,750円

春菊はいつから食べられる?

春菊は離乳食中期からOK!やわらかい葉の部分からスタート

アクが少なく、葉はやわらかい春菊。

春菊は、離乳食を始めてさまざまな食材に慣れてきた、生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から与えられます。

離乳食中期は、葉の部分をやわらかくゆでて、すり潰すか、みじん切りにしたものを与えます。

離乳食後期以降は、葉と茎を細かく刻んだあと、やわらかくなるまでゆでて与えます。

初めての味に驚いて、赤ちゃんが食べるのを嫌がるときは、無理に与えなくても大丈夫です。

苦味の少ない品種を選んだり、おかゆにまぜてリゾットにしたり、野菜やたんぱく質の多い食品と一緒に煮たりすると食べやすくなります。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

鮮度のよい春菊を選ぶポイントは、葉が肉厚で色が濃く密生しているものや、茎が細く短めで、固めのものと覚えておくとよいでしょう。

どのくらいの量を食べさせたらよい?

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

初めて食べさせる場合は、少量をほかの食材と混ぜずに与えます。

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

春菊はカロテンやビタミンなど栄養素を含む野菜ですが、にんじんやかぶなどくせの少ない野菜と同じ量を食べさせるのは難しいかもしれません。

子どもの様子を見ながら、さまざまな食材と組み合わせたり、調理法を工夫したりして与えてみてください。

春菊の固さや大きさの目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さを変えます。

春菊の時期別の大きさ・固さの目安

春菊時期別の大きさ・固さの目安/表

© every, Inc.

下ごしらえのコツは?

・水を張ったボウルの中で振りながら洗う

・葉はゆですぎないように注意する

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

春菊は土などを落とすために、水を張ったボウルの中でふり洗いしましょう。

初めて与えるなら葉の部分だけゆでて与えます。

薄くてやわらかいため、すぐに火が通ります。

加熱しすぎると苦味が強くなるので注意しましょう。

茎が食べられるのは離乳食後期以降です。

アクの少ない野菜なので、アク抜きの処理は必要ありません。

加熱しすぎないように注意しましょう。まとめてゆでてから必要な量に分けて冷凍保存することも可能です。

食物アレルギーについて

春菊は、まれに食物アレルギーを発症する危険性があります。

そのため、初めて食べる際は少量から始めましょう。

また、万が一食物アレルギーを起こした場合すぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関に受診できる時間に食べさせるようにしましょう。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当