【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 6歳10か月 | MAMADAYS(ママデイズ)

MAMADAYS(ママデイズ)

走る女の子

【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 6歳10か月

赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。
赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。

落ち着きがなく、じっとしていられません。多動なの?

  • 多動が問題になるのは、ほかの症状も顕著に現れるとき

    このころでしたら、じっとしているのが苦手で、そわそわと落ち着きなく動き回る子はいるものです。「多動」が問題になってくるのは、ほかに「不注意」(人の話が聞けず作業などに集中できない)、「衝動性」(順番が守れず人の話や遊びをさえぎるなど)の症状すべてが、顕著な場合。注意欠陥多動性障害(ADHD)と呼ばれますが、心あたりがある場合は小児科に相談をしてみましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次