【届け出だけでもらえるお金(育児・教育)】児童手当 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【届け出だけでもらえるお金(育児・教育)】児童手当

【届け出だけでもらえるお金(育児・教育)】児童手当

育児・教育にかかわる、国や自治体から受けられる支援制度を知っていますか?今回は『届け出だけでもらえるお金』(井戸美枝 著・プレジデント社)より、中学校卒業までの子どもを養育している人に支給される「児童手当」のポイントをわかりやすく説明します。
育児・教育にかかわる、国や自治体から受けられる支援制度を知っていますか?今回は『届け出だけでもらえるお金』(井戸美枝 著・プレジデント社)より、中学校卒業までの子どもを養育している人に支給される「児童手当」のポイントをわかりやすく説明します。

プレジデント社

もらえるお金

子ども1人につき198万円

内容

中学校卒業までの子どもを養育している人に対し、少子化の抑制と子どもの健やかな成長を目指して「児童手当」が支給されます。

対象者

中学校卒業までの子どもを養育している人

ポイント

  • 支給額は0~3歳未満が月額1万5000円、3歳~中学生は1万円
  • 第3子(高校卒業までの子どものうち、3番目以降の子ども)は、3歳~小学生の期間のみ1万5000円に増える
  • 毎年6月、10月、2月に前月までの4か月分が振り込まれる
  • 子どもを養育している人の前年の所得が一定額以上だと、児童手当が受けられない。代わりに「特例給付」として、子ども1人につき一律で月額5000円が支給される。共働きの場合は、所得が高い人の所得額で判断(夫婦の合算ではない)

届け出先

市区町村役場
公務員は勤務先

井戸美枝先生のコメント

子ども1人についての支給額は合計で198万円(第1子、第2子の場合)。全額を貯めておけば大学入学時に必要な資金が賄えます。使わず、積み立てておくのが理想的です。

児童手当の支給額

子どもの年齢:0歳~3歳未満

1万5000円

子どもの年齢:3歳~小学生

1万円(第3子以降は1万5000円)

子どもの年齢:中学生

1万円

児童手当の所得制限限度額

扶養親族等の数:0人

【所得額】

622万円

【収入額の目安※】

833.3万円

扶養親族等の数:1人

【所得額】

660万円

【収入額の目安※】

875.6万円

扶養親族等の数:2人

【所得額】

698万円

【収入額の目安※】

917.8万円

扶養親族等の数:3人

【所得額】

736万円

【収入額の目安※】

960.0万円

扶養親族等の数:4人

【所得額】

774万円

【収入額の目安※】

1002.1万円

扶養親族等の数:5人

【所得額】

812万円

【収入額の目安※】

1042.1万円

※会社員や公務員の場合。収入額は所得額に給与所得控除を加算した額

※記事内で紹介する制度の内容や金額は2019年2月時点のものです(例外は注釈で表記など)。随時、変更がありますので、詳細はお住まいの地域の届け出先にお問い合わせください。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次