【小児科医監修】生後1〜2ヶ月の赤ちゃんのよくある気がかり① | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんの手をとる

【小児科医監修】生後1〜2ヶ月の赤ちゃんのよくある気がかり①

赤ちゃんの成長に寄り添う毎日では、体や心、お世話のことなど、さまざまな疑問や不安が浮かんできますよね。1〜2ヶ月の赤ちゃんにまつわるQ&Aをお届けします。それぞれの赤ちゃんによって個人差があるので、気になるときには必ずかかりつけの医師に相談してみてくださいね。
赤ちゃんの成長に寄り添う毎日では、体や心、お世話のことなど、さまざまな疑問や不安が浮かんできますよね。1〜2ヶ月の赤ちゃんにまつわるQ&Aをお届けします。それぞれの赤ちゃんによって個人差があるので、気になるときには必ずかかりつけの医師に相談してみてくださいね。

うんちの回数が多すぎる気がします

  • 回数が多くても問題ありません

    この時期はまだ腸の機能も未熟で、まとめてたくさん出すことができないために、回数は多めです。1日10回以上することがあっても、異常ではないので心配しないでください。
    赤ちゃんは授乳のときに一緒に空気も飲み込んでいて、その空気がおならになって出る際に、うんちも一緒に出てくるということが多くあります。おならの音が聞こえたらオムツの中をのぞいてみて、少しでも出ていたらオムツを替えて、お尻をきれいにしてあげましょう。
    うんちの回数は2カ月頃から落ち着いてきます。

厚着させても手足が冷たいのですが……

  • 体が温かければOK 厚着には注意して

    赤ちゃんは血管がまだ十分に発達していないので、手足が冷たいことがよくあります。ですが、心配して厚着させすぎると、体温が上がりすぎてしまうことも。体が温かく、冷たいのが手足だけなら大丈夫。室内でミトンをはめたり、靴下を履かせたりする必要はほとんどありません。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次