【管理栄養士監修】離乳食のめんつゆ|いつから始める? | MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のめんつゆ|いつから始める?

【管理栄養士監修】離乳食のめんつゆ|いつから始める?

めんつゆは昆布やかつお節などのだし、しょうゆ、みりん、砂糖、塩などをベースに作られた調味料です。麺料理のつゆとして使うほか、煮物などの和風料理の調理に活躍します。
今回は、赤ちゃんにめんつゆを与えられる時期や、選び方のポイントなどをご紹介します。
めんつゆは昆布やかつお節などのだし、しょうゆ、みりん、砂糖、塩などをベースに作られた調味料です。麺料理のつゆとして使うほか、煮物などの和風料理の調理に活躍します。
今回は、赤ちゃんにめんつゆを与えられる時期や、選び方のポイントなどをご紹介します。

めんつゆはいつから食べられる?

めんつゆは離乳後期から!ほんの少量を使用して

めんつゆは塩分、糖分、グルタミン酸やイノシン酸などのうま味成分を含む大人用の調味料です。
しょうゆ、みりん、砂糖、塩などいろいろなものを混ぜて作られており、濃厚で強いうま味の味つけのため、離乳食でたくさん使うと素材の味を感じにくくなってしまいます。赤ちゃんのためだけに料理するときは、まだ使わないのがおすすめです。

素材の味を生かした味つけにしたい離乳期には、離乳後期の生後9~11ヶ月頃から、大人の料理の取り分けで、味を薄めて与える程度にしましょう。

濃縮タイプやそのまま使えるタイプなどいろいろなものが売られていますが、赤ちゃんに使う場合は、大人が使う濃さの5倍程度に薄めることをおすすめします。

赤ちゃんの内臓の働きは、離乳食段階ではまだまだ未発達です。めんつゆは塩分を含むので、少量を使うように心掛けてください。

食物アレルギーについて

めんつゆにはしょうゆが使われており、しょうゆは、小麦や大豆が原材料として使われています。小麦や大豆は食物アレルギーの出やすい食材ですが、発酵の過程でアレルゲンが分解されており、アレルギーがあっても食べられる場合が多いです。
ただし、めんつゆにはしょうゆ以外にも複数の食材が使われています。

そのため、初めて与える際は少量から始めましょう。

また、万が一アレルギーを起こした場合でもすぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

どのくらいの量を与えたらよい?

食べなれた食材をめんつゆで味付けしたものを、子ども用スプーンひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。

めんつゆはしょうゆ、だしのほかにもいろいろなものを混ぜて作られています。
食物アレルギーを起こす可能性があるため、ボトルの原材料表示を記録しておくとよいでしょう。

めんつゆの量の目安

めんつゆの時期別・1回あたりの目安量

めんつゆの時期別の使用量目安/表

© 2015 every, Inc.

めんつゆの選び方は?

  • 食品添加物が添加されていないもの、またはできる限り少ないものを選ぶ
  • 原材料表示の部分に記載されている食塩相当量、またはナトリウム量ができるだけ少ないものを選ぶ

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

市販のめんつゆは、しょうゆ、糖類、だしなどがバランスよく配合されており、手間なく、おいしい味付けができる調味料です。
塩分が含まれているので、多く使うと、腎臓などの内臓機能が未熟な離乳期はうまく排出できずに体に負担をかけてしまいます。

また、一度塩味やうまみの濃い味に慣れると薄い味はあまり食べなくなるかもしれません。
離乳食の味付けに使うときは、めんつゆをあらかじめ水やだし汁で薄めたものを、加えるようにすると少量使いしやすいです。

ストーレートタイプや濃縮タイプ(2倍、3倍、4倍など)がありますが、濃縮が濃いもののほうが塩分濃度が高いので日持ちします。
いずれも開栓後は表示に従って保存し、早めに使いましょう。

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から与えてください。

[特定原材料]

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

※料理を楽しむにあたって 

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲みこんでいるのか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類はそのままの大きさだと喉に詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。
    のどに張り付く餅、噛むことが難しい、こんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、3歳頃までは与えないようにしましょう。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

関連する記事

関連する記事