【管理栄養士監修】離乳初期(生後5~6ヶ月頃)のじゃがいも|冷凍保存やレシピなど | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
離乳初期(生後5~6ヶ月頃)のじゃがいも|冷凍保存やレシピなど

【管理栄養士監修】離乳初期(生後5~6ヶ月頃)のじゃがいも|冷凍保存やレシピなど

じゃがいもはほんのりと甘みがあるため、離乳初期にも取り入れやすい食材です。今回は離乳初期(生後5~6ヶ月頃)のじゃがいものレシピや簡単な調理法、冷凍保存の仕方をご紹介します。
じゃがいもはほんのりと甘みがあるため、離乳初期にも取り入れやすい食材です。今回は離乳初期(生後5~6ヶ月頃)のじゃがいものレシピや簡単な調理法、冷凍保存の仕方をご紹介します。

離乳初期のじゃがいもはいつから与えられる?

じゃがいもは、離乳初期の生後5~6ヶ月頃からOK

じゃがいもは、離乳初期の生後5~6ヶ月頃からOKです。離乳食を開始して1週間程経ち、おかゆに慣れた頃からはじめます。じゃがいもは、ほんのりとした甘みが感じられ、お湯やだし汁で伸ばすと口当たりもよいため、赤ちゃんが食べやすい野菜です。含まれるビタミンCは加熱しても溶け出しにくいです。

電子レンジで調理でき、つぶすだけで簡単に赤ちゃんが食べやすい形状にできるのも特徴です。はじめて野菜にチャレンジするときに、じゃがいもからはじめてみてもいいでしょう。

芽が出ていない新鮮なじゃがいもを使おう

じゃがいもに芽が出ていたり、皮が緑色になっていたりするものは、その部分にソラニンやチャコニンといった天然毒素が含まれています。

離乳食に使うじゃがいもは、芽が出ておらず皮が緑に変色していない、新鮮なものを使いましょう。

離乳食用スプーンひとさじからはじめよう

はじめは離乳食用スプーン1さじからはじめ、徐々に量を増やしていきます。はじめて与えるときは、ほかの食材と混ぜずに与えましょう。

離乳食全期間を通したじゃがいもの調理方法など、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

離乳食が始まり、おかゆに慣れてきたら与えたいのが野菜です。
その中でも、じゃがいもは口当たりがよく淡白な味で、野菜デビューにおすすめの食材。
今回は離乳食のじゃがいもはいつから食べられるのかや、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

離乳初期のじゃがいもレシピ

離乳初期のじゃがいもは、基本的には加熱して熱いうちにすりつぶすか裏ごししてなめらかにします。じゃがいもが完全に冷えると、つぶしにくくなってしまいます。粗熱がとれたところでつぶすのがおすすめです。

お湯かだし汁を加えて食べやすい硬さのペースト状にしましょう。加熱には鍋でもよいですが、電子レンジでも可能です。

材料(作りやすい分量)

  • じゃがいも  2個(1食あたり約5〜10g)
  • お湯またはだし汁  適量

作り方

1.よく洗ったじゃがいもは、皮をむいて芽を取り一口大に切り、約5〜10分水にさらしてあくを抜く。

2.耐熱容器に入れ、水を大さじ2入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(600W)でやわらかくなるまで約3分加熱し、ラップをしたまま粗熱が取れるまで冷ます。(ゆでる場合は、鍋に入れ、水を被るくらい入れて火にかける。沸騰したら弱火にして沸騰させないように約10〜15分ゆでる。やわらかくなったらザルに上げ、冷ます)

※皮付きのままレンジで加熱したりゆでたあと、皮や芽を取っても大丈夫です。

3.子どもの月齢に応じて、ハンドブレンダーやフードプロセッサーでペースト状にし、お湯またはだし汁で伸ばす。(すり鉢や裏ごし器を使って手動でつぶしてもOK)

じゃがいもに慣れたらおかゆの代わりにも

じゃがいもは、炭水化物を多く含むので、慣れてきたらおかゆの代わりにも使えます。その場合の離乳初期の1食あたりの量は、20~30gです。

こちらの記事では動画で紹介しています。参考にしてみてくださいね。

はじめての離乳食、ゴックン期(生後5〜6か月頃)のじゃが芋の調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期(生後5〜6か月頃)のじゃが芋の調理の仕方をご紹介します。
まとめて作ってストックしておくのも便利です。

離乳初期のじゃがいもを簡単に調理するポイントは?

ポイント1:電子レンジを使えば簡単に

じゃがいもは鍋でゆでて調理することもできますが、電子レンジで簡単に調理ができます。栄養素の損失が少なく、洗い物が少なく、時間短縮できるメリットも。

皮がついたまま電子レンジ加熱も可能です。よく洗ったじゃがいもを丸ごとラップに包み、600Wで3分ほど、やわらかくなるまで加熱します。粗熱が取れたら手で簡単に皮をむくことができます。やりやすい方法で試してみてくださいね。

ポイント2:ハンドブレンダーを使うとさらに便利!

離乳初期に使うじゃがいもは、ハンドブレンダーを使ってペースト状にすると便利です。

電子レンジでやわらかく加熱したじゃがいもに、お湯やだし汁を少量加えます。なめらかになるまでハンドブレンダーで撹拌すれば、あっという間にペースト状のじゃがいもが出来上がります。

離乳初期のじゃがいもは冷凍保存できる?

ペースト状にしたじゃがいもは冷凍保存OK

離乳食用にペースト状にしたじゃがいもは冷凍保存できます。

なめらかなペースト状にしたじゃがいもを、離乳食用小分けトレーに大さじ1杯分ずつ程度小分けにして冷凍します。凍ったらフリージング用のバッグに移して、1週間以内に使い切りましょう。

冷凍保存したじゃがいものペーストは、食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱しましょう。1週間は目安の期間なので、 匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。

食物アレルギーに関する注意

じゃがいもは、まれに食物アレルギー発症の危険性があります。はじめて与える際は少量から始めましょう。

万が一食物アレルギーを起こした場合でもすぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関に受診できる時間に与えるようにしましょう。

_______

離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)は赤ちゃんが食べる量も少なく、おかゆや野菜ペーストなどの準備も大変なものです。電子レンジやハンドブレンダーなどの便利な器具、また冷凍保存を活用して、上手に離乳初期の時期を過ごしましょう。

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料]

卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲み込んでいるか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類は、そのままの大きさだとのどに詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、5歳以下の子どもには与えないでください。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

参考:

五十嵐隆(監修)「授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)実践の手引き」公益財団法人 母子衛生研究会、2020年

日本食品標準成分表2020年版(八訂) 」(文部科学省)、2021年4月閲覧

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当