【医師監修】離乳食と食物アレルギー|食物アレルギーって?与え方のポイントは? | MAMADAYS(ママデイズ)
専門家監修】離乳食と食物アレルギー|食物アレルギーって?与え方のポイントは?

【医師監修】離乳食と食物アレルギー|食物アレルギーって?与え方のポイントは?

家族で食事を楽しみながら進めていきたい離乳食。
でも「もし赤ちゃんに食物アレルギーがあったら……?」「離乳食を始める時期や進め方は?」など戸惑うママ・パパも少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、離乳食と食物アレルギーについてご説明します。
家族で食事を楽しみながら進めていきたい離乳食。
でも「もし赤ちゃんに食物アレルギーがあったら……?」「離乳食を始める時期や進め方は?」など戸惑うママ・パパも少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、離乳食と食物アレルギーについてご説明します。

食物アレルギーってなに?

人間の体には、外部からの異物を排除しようとする免疫機能が備わっています。
アレルギーとはこの反応が強く出過ぎてしまうことをいい、特定の食べ物を異物と認識して体が反応してしまうのが食物アレルギーです。

食べ物に対する免疫の過剰な反応が、食物アレルギー

通常ならば、体の栄養源となる食べ物が消化・吸収されても反応は起こらず問題は起きないはずです。
しかし免疫機能や消化吸収機能に何らかの問題があると、食べ物を異物と判断して排除しようとしてしまいます。このアレルギーの原因となる物質を「アレルゲン」と呼びます。

アレルゲンとなるのは通常は、たんぱく質です。

たんぱく質は胃液で分解され、膵臓から分泌される消化酵素によって消化されますが、十分に消化されないまま小腸まで達して体内に取り込まれてしまうと、そこで異物として捉えられアレルギー反応を起こしてしまうのです。

赤ちゃんに食物アレルギーが起こりやすいのは、消化能力がまだ未発達な上に免疫機能も未熟だからです。
そのため、体に良い・悪いの区別なく体が食べ物を拒否してしまうと考えられています。
食物アレルギーの発症に影響を与える要因には、遺伝的素因、皮膚バリアの機能低下、出生季節、特定の食物を食べ始める時期の遅れなどが指摘されています。

食物アレルギー発症のメカニズムは?

本来なら体に害を与えない食物なのに、なぜアレルギー反応が出てしまうのでしょうか。
それは、体のIgE抗体という物質が関係しています。

体の中にアレルゲンが入ると、これを排除しようとして免疫細胞が抗体を血液中に作ります。
この抗体は、皮膚や粘膜(目・鼻・腸・気管支など)にいる細胞(マスト細胞)とくっついて、外部からのアレルゲン侵入に備えます。
アレルゲンが体の中に入ると、IgE抗体が捕えてマスト細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどの物質を放出します。

食べ物は体に必要なもので病原性がないため、通常はIgE抗体は作らないように調節されています。
しかしこの仕組みが弱かったり未熟だったりすると、抗体が作られてしまい、食物アレルギーが発症すると考えられています。

食物アレルギーの症状は、皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、神経、循環器などの様々な臓器に起こり、症状はじんましん、皮膚の発赤・かゆみ、嘔吐、腹痛、下痢、せき、呼吸困難など多岐に渡ります。

複数の臓器に症状が見られる重い状態をアナフィラキシーと呼び、さらに重症となるアナフィラキシーショックでは、血圧低下や意識障害が見られるので、緊急対応が必要です。

食物アレルギーを引き起こしやすい食品

食物アレルギーは乳児期が最も多く、加齢と共に減っていきます。
乳児から幼児早期の主要原因食物は鶏卵・牛乳・小麦の割合が高いのですが、そのほとんどが小学校入学前に治ることが多いようです。※1

原因となる食べ物は主に「鶏卵」「牛乳」「小麦」

食物アレルギーを起こしやすいのは、たんぱく質を多く含む食品です。
0歳の赤ちゃんに特に多いのが鶏卵、牛乳、小麦で、3大アレルゲンと呼ばれています。

1歳児では、鶏卵、魚卵、牛乳、ピーナッツ、果物が多く、2・3歳児では、魚卵、鶏卵、ピーナッツ、ナッツ類、果物となっています。

食物アレルギーと間違えやすいヒスタミン食中毒にも注意

魚類やその加工品を食べることによって発症する食中毒です。食物アレルギーとは異なります。

原因となる主な食品は「ヒスチジン」というアミノ酸を多く含むブリ、サバ、サンマ、イワシなどの魚やその加工品です。
古くなったものや常温で放置したなどの理由で、ヒスチジンがヒスタミンとなり、アレルギーのような症状が起こります。

与える時期や食べ物制限を自己判断しない

アレルゲンとなる食べ物が特定されたら医師による適切な診断に基づいて、必要最小限の食べ物の除去を行います。
不安のあまり、不必要に除去したり与えるのを止めてはいけません。

親がアレルギーを持つ場合は「もしかすると子どももアレルギーかもしれない……」と考えて牛乳や鶏卵を与えるのを避けることがあるようです。
しかし赤ちゃんにとって牛乳や鶏卵に含まれるたんぱく質は、脳や体を育むのに必要な栄養素。自己判断で食事制限を行うことは、成長や発達を妨げることに繋がります。

離乳食の開始を遅らせてはいけない

食物アレルギーの発症を心配するあまりに、離乳食の開始や特定の食物を与えることを遅らせても予防効果はありません。
通常どおり生後5~6ヶ月頃から、おかゆなどから始めましょう。

たとえば鶏卵を与える目安としては、卵黄を離乳初期の生後5~6ヶ月とされています。
これは離乳期に鶏卵を除去することで食物アレルギーを予防できるのではなく、反対に鶏卵を少しずつ与えて慣れさせることで、食物アレルギーを予防できると考えられるようになってきたからです。

もし離乳食開始後に食物アレルギーを発症した場合は、基本的には原因食物以外であれば与える時期を遅らせる必要はないと考えられています。
自己判断で対応すると、状態が悪化する可能性もあります。必ず医療機関を受診して医師の指示に従いましょう。

例外として、皮膚に湿疹などの症状が出ているときは、医師の指導のもとに皮膚の治療を行ってから離乳食を始めることもあるようです。

初めての食品は、1さじずつ。少量からスタート

新しい食品を与えるときは、新鮮な食材をよく加熱してほんの少量から試すようにしましょう。
1日1種類として、離乳食用のスプーンで1さじ分を与えます。
そうすることによって、赤ちゃんの食品に対する慣れやアレルギー反応の有無が確認できるからです。何も異常がなければ、1日ごとに1さじずつ増やしていきます。
もし赤ちゃんがたくさん食べたがっても、一度に多く与えないようにしましょう。

初めての食品は、特に慎重に

アレルギー体質の赤ちゃんは、離乳食の進め方をゆっくりにすると安心です。
新しい食品を1さじ与えたら2、3日は様子をみて、問題ないようであれば2さじに増やします。
別の新しい食品はその数日後に試すようにしましょう。

食事時間は、平日の午前中がおすすめです。
親子が落ち着いて食事に専念でき、何か異常が起きた場合にすぐに医療機関を受診できるからです。

_______

もし赤ちゃんに食物アレルギーがあっても、食べさせることを怖がることはありません。

不安があれば、一人で抱え込まずに医師に相談しましょう。

正しい知識を事前に身につけて食べられるものを定期的に確認しながら、赤ちゃんができるだけ様々な味を体験できるとよいですね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事