【管理栄養士監修】離乳食の野菜スープ|作り方、冷凍方法も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食の野菜スープ|作り方、冷凍方法も紹介

© 2015 every, Inc.

【管理栄養士監修】離乳食の野菜スープ|作り方、冷凍方法も紹介

離乳食の野菜スープ、作り方や使い方、残った野菜の離乳食へのアレンジ方法、冷凍保存方法など、気になったことはありませんか?この記事では、離乳食の野菜スープについて、与えられる時期やレシピ動画、冷凍保存方法、使い方などを紹介します。
離乳食の野菜スープ、作り方や使い方、残った野菜の離乳食へのアレンジ方法、冷凍保存方法など、気になったことはありませんか?この記事では、離乳食の野菜スープについて、与えられる時期やレシピ動画、冷凍保存方法、使い方などを紹介します。

いつから与えられる?

離乳食の野菜スープは離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)から与えられます。にんじん、キャベツ、玉ねぎ、かぼちゃなど、離乳初期から与えられる野菜を2〜3種類使って作ることが多いです。

野菜から旨味や甘みが出て「野菜だし」としても使えるので、昆布などでだしをとらなくても美味しく食べられます。赤ちゃんの味覚は敏感なので、最初のうちは野菜だけの味を味わってもらいましょう。慣れてきたら好みで、昆布などのだしを加えてもよいでしょう。

味付けは離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)までは不要です。離乳後期以降も、味付けをする場合は醤油やみそを少量入れる程度にするのがおすすめです。

きほんの野菜スープのレシピ

「重宝する 離乳食に使える野菜スープの作り方」(生後5〜6ヶ月頃から)

こちらの記事ではきほんの野菜スープの作り方を動画で見ることができます。好みの野菜を2〜3種類入れて作り、スープの部分は「野菜だし」としてペーストを伸ばすときに加えたり、いろいろな料理に使えますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

離乳食用の野菜スープの作り方をご紹介します。
離乳食の時期に合わせて食べられる食材を選んでOK!
残った野菜はペースト状にしたり刻んで食べさせてあげてください。

残った野菜はどうする?

野菜スープの具材の野菜は、取り出してからつぶしたり刻んだりして離乳食に使うことができます。

こちらの記事では、大人用のスープと一緒に作れる取り分け方法と、残った野菜を離乳食にアレンジする方法が動画で見られます。

「こうやれば楽! スープの離乳食とりわけ技」(生後5〜6か月頃から)

おとな分と一緒に離乳食を作るとき、みなさんはどのように工夫していますか?
今回はスープのときに使える小技をご紹介します!

冷凍保存方法

作った野菜スープはスープの部分と具材の野菜の部分に分けて冷凍保存すると、いろいろな離乳食に使いやすくて便利です。

スープの部分は、製氷皿や離乳食用の冷凍保存容器に入れてブロック状に冷凍し、凍ったらフリーザーバッグに移しかえる方法が使いやすくておすすめです。

冷凍保存方法1

© 2015 every, Inc.

冷凍保存方法2

© 2015 every, Inc.

具材の野菜の部分は、大きく切ってある場合は離乳食に使いやすい大きさに刻み、フリーザーバッグに入れて板状になるように平たくし、箸などで折れ線を凹ませてつけて冷凍します。この方法は使うときに必要な分を折って取り出すことができておすすめです。

冷凍保存方法3

© 2015 every, Inc.

こちらの動画でも冷凍保存方法を見ることができます。

離乳食を毎日作る時間がない…
そんな時は、多くのママも実践している冷凍保存(フリージング)を活用してみませんか?
まとめて作って冷凍しておけば、食べさせたい時に使えて便利です。主な冷凍保存方法をご紹介します。

保存期間

冷凍保存の場合は1週間以内を目安に食べきりましょう。

食べる前には電子レンジまたは小鍋などでしっかりと再加熱してください。

保存期間は目安となっており、環境によって差が出る場合があるため、匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。

冷蔵保存の場合は、当日中に食べきり、食べる前に電子レンジまたは小鍋などでしっかりと再加熱してください。

食中毒を予防するために、下記の点にも注意しましょう。

・作ったものは常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。

・保存する際には、清潔な保存容器を使用してください。

・解凍したものの再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。

野菜スープの使い方

離乳初期(生後5〜6ヶ月頃)

離乳初期は、野菜などのペースト状の離乳食を伸ばすときに水の代わりに加えて使います。

野菜スープの使い方

© 2015 every, Inc.

はじめての離乳食、ゴックン期のにんじんの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期のにんじんの調理の仕方をご紹介します。
まとめて作ってストックしておくのも便利です。

パン粥を作るときに、「野菜だし」として野菜スープで煮ると美味しく出来上がります。

はじめての離乳食、ゴックン期(生後5〜6か月頃)のパンの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期(生後5〜6か月頃)のパンの調理の仕方をご紹介します!

離乳中期(生後7〜8ヶ月頃)

離乳中期は、スープのだしとして使うのもおすすめです。こちらのレシピは高野豆腐のすりおろしを加えてとろみをつけています。

たんぱく質や鉄分、カルシウムなどを含む高野豆腐をそろそろ試したいけど、調理の仕方に悩んでいませんか?
細かくすりおろしてスープに加えると、とろみも付いて食べやすくなりますよ!
はじめての高野豆腐にぴったりのレシピです。献立はこのスープにお粥をつければOKです。

離乳後期(生後9〜11ヶ月頃)

離乳後期は、うどんなどの麺類の汁に使うのもおすすめです。こちらのレシピは鍋を使わず電子レンジで具材たっぷりのうどんを作るので、だしも冷凍ストックしておいたものを使うと手軽に作ることができますよ。

子どもが大好きなうどんメニュー、マンネリ化しがちでレパートリー増やしたいなと思っていませんか?
今回は簡単な食材を使ってカミカミ期から食べられるうどんレシピをご紹介します!
レンジ調理で時短にもなり、冷凍ストックも出来ます!

離乳完了期(1歳〜1歳6ヶ月頃)

離乳完了期は、煮物のだしとして使うのもおすすめです。こちらのレシピはケチャップで味をつけた洋風の煮物なので、野菜だしとの相性もよいです。

大人の食材からも取り分けやすい牛肉を使ってトマト風味煮を作ってみませんか?
とろみを付けて、ごはんやうどんに合わせるとパクパク進みますよ。
ケチャップで味付けをするので調理も簡単です。冷凍保存する際はとろみを付ける前にしてください。

アレルギーについての注意点

 レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

参考:

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版) 」(厚生労働省)

関連する記事

お気に入り

関連する記事