妊娠と病気が重なったら | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠と病気が重なったら

妊娠と病気が重なったら

医療の進歩で腎臓病や心臓病などの病気がある人でも、出産が可能になってきています。病気の主治医と産婦人科医の連携が大切です。
医療の進歩で腎臓病や心臓病などの病気がある人でも、出産が可能になってきています。病気の主治医と産婦人科医の連携が大切です。

合併症のある人

 妊娠前から患っている病気がある人はコントロールが必要。主治医に妊娠してよい状態か確認してからお産にのぞみます。

心臓の専門医と産婦人科医と相談して慎重に出産計画を立てましょう。
勝手な食事制限などはしないように。薬の使用などについて主治医に相談しましょう。
発作を抑えることが大切。主治医と相談して必要な薬は使います。
主治医と相談してから妊娠を。減塩、エネルギー制限の食事療法をします。
妊娠前から診断を受けている人はコントロールしてから妊娠しましょう。
流産や早産の原因になるほか、妊娠高血圧症候群になりやすいので要注意。
一過性の失神、いわゆる「脳貧血」を起こすことがあります。生活習慣を整えて。
妊娠前から高血圧の人は、正常にコントロールしてから妊娠の計画を立てましょう。
てんかんの発作をきちんとコントロールするため、妊娠後も必要な薬は続けましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当