【管理栄養士監修】食物アレルギーに注意・離乳食の食パン|いつから始める? | MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】食物アレルギーに注意・離乳食の食パン|いつから始める?

【管理栄養士監修】食物アレルギーに注意・離乳食の食パン|いつから始める?

ごはんやパンなどに含まれる炭水化物は、脳や神経系、筋肉などを働かせるエネルギーの素。赤ちゃんの成長に合わせて幅広くアレンジできる食パンは、おかゆと同様に離乳食の初期から使えます。今回は、赤ちゃんに食パンを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。
ごはんやパンなどに含まれる炭水化物は、脳や神経系、筋肉などを働かせるエネルギーの素。赤ちゃんの成長に合わせて幅広くアレンジできる食パンは、おかゆと同様に離乳食の初期から使えます。今回は、赤ちゃんに食パンを与えられる時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

食パンはいつから食べられる?

離乳初期からOK!煮るだけで簡単にとろとろになる食パン

食パンは、おかゆと同じく、離乳初期の5〜6ヶ月頃から与えられます。おかゆが進んだら次に小麦もはじめますので、食パンを使用します。
パンの耳は切り落とし、内側の部分を野菜スープなどと一緒にとろとろになるまで煮れば、パン粥を作ることができます。
電子レンジでも簡単にパン粥が作れるので、忙しいときでもサッと食事の準備ができる便利な食材です。

食パンはほかの食材とも相性がよく、手づかみ食べもしやすいので、全ての月齢のレシピにおいて活躍します。
パンには様々な種類がありますが、赤ちゃんは消化機能が未熟なので、油脂分や糖分の多いバターロール、フランスパン、菓子パンなどではなく、添加物の少ないプレーンな食パンを使いましょう。

また、主な原材料に小麦を使用している食パンは、食物アレルギーを引き起こす恐れがあります。初めて与える際は、食物アレルギーに注意が必要です。

食物アレルギーについて

食パンの主な原材料である小麦は、特に食物アレルギーが出やすい食品です。
そのため、初めて与える際は少量から始めましょう。
また、万が一食物アレルギーを起こした場合でもすぐに病院へ行けるよう、平日の午前中など医療機関を受診できる時間に与えるようにしましょう。

どのくらいの量を与えたらよい?

子ども用スプーンのひとさじから始め、徐々に量を増やしていきましょう。
初めて与える場合は、少量をほかの食材と混ぜずに与えます。

離乳食の進め方についてはこちらの記事も参考にしてください。

食パンの大きさや固さ、量の目安

子どもの成長に合わせて、食材の大きさや固さ、与える量を変えます。

食パンの時期別の大きさ・固さの目安

食パンの時期別の大きさ・固さの目安/表

© 2015 every, Inc.

下ごしらえのコツは?

・あらかじめ耳を切り取る

・手で細かくちぎるとやわらかく調理できる

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

手でちぎるとパンが潰れてしまうのが気になるときは、包丁で刻むと上手にみじん切りにできます。
また軽くトースト(こげないように注意)すると水分がとんで、調理しやすくなります。

調理方法

時期ごとに調理方法をご紹介します。過去に、MAMADAYSで紹介した離乳食の作り方動画もぜひチェックしてくださいね!

初期(5~6ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

中期(7〜8ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

後期(9〜11ヶ月頃)

動画で作り方をチェック!

完了期(1~1歳6ヶ月)

手づかみ食べしやすいようにスティック状に切り、トーストして与えます。

食パンを使った簡単レシピ

朝食やおやつに!! 定番味のフレンチトースト(1歳〜1歳6か月頃から)

パンのメニューってマンネリ化しがちではありませんか?
今回は朝食やおやつにぴったりのフレンチトーストをご紹介します。
冷凍保存もOK!大人にはメープルシロップやはちみつをかけても美味しいですよ。

いつものパンが大変身 コーントースト(1歳6か月頃から)

簡単おやつの定番のトーストレシピ、レパートリーを増やしたいと思ったことはありませんか?
塗って焼くだけの簡単レシピです。コーンの甘味で食べやすいのでぜひお試しください。

すぐに作れる!レンチンラスク2選(1歳6か月頃から)

ラスクってなんだか難しそう……。そう思ったことはありませんか?
残りがちなパンの耳や食べきれなかった食パンを使って、レンジで簡単にラスクが作れます。
味のアレンジは自由!子どものおやつにもママやパパのおつまみにもぴったりなレシピをご紹介します。オーブントースターでも作れますよ。

注意事項

食材は、特定のアレルギー体質を持つ場合に、アレルギー反応を引き起こすおそれがあります。

初めての食材を食べる子どもには十分注意が必要です。様子を見ながら少量から与えてください。

[特定原材料]

えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)

[特定原材料に準ずるもの]

アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

離乳食を調理する前に、「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって 

誤飲や誤嚥による事故を予防するポイント

  • 離乳食は月齢の目安のサイズを参考に、食べやすい大きさにして与えましょう。

  • 一口の量は子どもの口に合った無理なく食べられる量にし、自分で手づかみ食べや、スプーンで食べる場合は、量が多くないか、咀嚼して飲みこんでいるのか、様子をみましょう。

  • ミニトマト、豆類はそのままの大きさだと喉に詰まる危険があります。カットして安全な大きさにしましょう。
    のどに張り付く餅、噛むことが難しいこんにゃくや野菜、固い食材も飲み込むことが難しくなります。

  • 誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの固い豆・ナッツ類は、3歳頃までは与えないようにしましょう。

  • 年長の子どもが、乳幼児にとって危険な食品を与えないよう注意しましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

関連する記事