顔色悪い

ziggy_mars / iStock / Getty Images Plus / ゲッティイメージズ

医療

【小児科医監修】赤ちゃんと子どもの症状別ホームケア 顔色が悪い時に考えられる病気

赤ちゃんと子どもの顔色が悪い時に考えられる病気を一覧にまとめました。
赤ちゃんと子どもの顔色が悪い時に考えられる病気を一覧にまとめました。

※この記事は目安であり、このほかの病気の可能性もあります。

顔が青白い場合#

急に青白くなった場合

無呼吸になったり、チアノーゼになる:頭蓋内出血

断続的に激しく吐き、血便が見られる:腸重積症

あえぐような呼吸をして、グッタリする:肺炎

急に苦しそうにせき込んだり、グッタリしたりする:のどに異物が詰まった

いつも青白い場合

皮下出血、鼻血、歯ぐきから出血する:急性白血病

きげんが悪く元気がない。食欲がない:貧血

顔が赤い場合#

発熱、せき、鼻水などを伴う:かぜ症候群

高熱が出て、全身に発疹が出る:はしか

発熱し、全身に発疹が出る:風疹

両ほおに赤い発疹、腕や太ももにレース状の発疹が出る:りんご病

高熱が出て、全身に細かい発疹。舌が真っ赤に:溶連菌感染症

高熱が出て、全身に発疹。手足が赤くむくむ。舌に赤いポツポツができてイチゴ状舌に:川崎病

顔が黄色い場合#

生後1か月以内で、他に症状がない:新生児黄疸

生後2週間過ぎても顔色が黄色く元気がない:胆道閉鎖症

白目が黄色く元気がない:急性肝炎
(急性肝炎とは、体のだるさ、食欲不振、嘔吐、発熱、黄疸などの症状が見られる病気です)

  • 出典

    最新決定版 0~6才 赤ちゃんと子どもの病気とホームケア
    加部一彦監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp
  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest

関連する記事