【管理栄養士監修】離乳食のお好み焼き|卵なしレシピや献立も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のお好み焼き|卵なしレシピや献立も紹介

【管理栄養士監修】離乳食のお好み焼き|卵なしレシピや献立も紹介

離乳後期(生後9~11ヶ月頃)や離乳完了期(1歳~1歳6ヶ月頃)は食べられる食材の幅が広がる時期ですが、まだ大人と同じものを与えるには注意が必要な時期でもありますね。今回は離乳食のお好み焼きのレシピやポイント、卵なしの離乳食のお好み焼きレシピなどを紹介します。
離乳後期(生後9~11ヶ月頃)や離乳完了期(1歳~1歳6ヶ月頃)は食べられる食材の幅が広がる時期ですが、まだ大人と同じものを与えるには注意が必要な時期でもありますね。今回は離乳食のお好み焼きのレシピやポイント、卵なしの離乳食のお好み焼きレシピなどを紹介します。

離乳食のお好み焼きはいつから?

離乳食のお好み焼きは離乳後期(生後9~11ヶ月頃)からがおすすめです。

お好み焼きは手づかみ食べの練習をするようになる離乳後期にぴったりのメニューですね。

粉は何を使う?

市販のお好み焼き粉には塩や砂糖などいろいろなものが入っていて、離乳後期~離乳完了期の赤ちゃんには味付けが濃いめです。

離乳食でお好み焼きを作る場合は小麦粉(薄力粉)を使います。

お好み焼きは食物アレルギーの特定原材料である小麦粉や卵を使用するレシピが多いため、初めて赤ちゃんに与える場合は様子を見ながら食べさせてあげてくださいね。

ソースやマヨネーズは使える?

離乳後期(生後9〜11ヶ月頃)の赤ちゃんには、お好み焼きソースやマヨネーズは味が濃いため不要です。味がついていないと食べない場合は水やだしで薄めた醤油などを少量つける程度にするのがおすすめです。

離乳完了期(1歳〜1歳6ヶ月頃)以降にソースやマヨネーズを使用する場合も、水やだしで薄めて少量の使用に留めておきましょう。

離乳食のお好み焼きのレシピを動画で確認

「離乳食後期からのベビーお好み焼き(生後9~11ヶ月頃から)」

一般的に使われる豚バラ肉では脂が多いので、代わりにツナ缶を使用しています。

青のりや鰹節も粉に混ぜ込むレシピなので、赤ちゃんも食べやすい形になっていますよ。

お好み焼き粉を使わなくても簡単に作れるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

冷凍OK!キャベツをたくさん使ったベビーお好み焼きです!
離乳食後期の赤ちゃんから食べられます。
手づかみ食べの練習にぴったりです。

卵なしの離乳食のお好み焼きレシピ

「パクパク食べられる!米粉のベビーお好み焼き(1歳~歳6ヶ月頃から)」

MAMADAYSでは卵なしの離乳食のお好み焼きのレシピもご紹介しています。

小麦粉の代わりに米粉を使用していてもちもちとした食感のため、与える時期は離乳完了期頃からがおすすめです。

卵や小麦の食物アレルギーの赤ちゃんにも与えられるので、ぜひ参考にしてみてください。

米粉で作るもちもちのお好み焼きのレシピをご紹介します。
手づかみ食べの練習にもぴったり!
冷凍保存もOK。具材はアレンジ自由です!

離乳食のお好み焼きの献立例

「お好み焼き」

「トマト」または「ゆでたかぼちゃ」

先ほど紹介した離乳食のお好み焼きのレシピには、小麦粉や米粉、たんぱく質源となるツナ、たっぷりのキャベツなどが入っているので、これ一品だけでも栄養バランスのいいメニューとなっています。

もう一品加えたい場合は、緑黄色野菜を使ったメニューやや果物などがおすすめです。

栄養バランスをチェック(使用している主な食材を3つの食品グループに当てはめると……)

「エネルギー源」……薄力粉

「ビタミン・ミネラル源」……キャベツ、トマトまたはかぼちゃ

「たんぱく質源」……卵、ツナ水煮缶

献立のレシピを動画でチェック

※お好み焼きのレシピは記事前半に記載

これから旬のトマト、離乳食に取り入れてみませんか?
カミカミ期の基本の調理の方法をご紹介します!
そのままでなく野菜やお肉などと煮ても美味しくいただけます!
はじめての離乳食、カミカミ期(生後9〜11か月頃)のかぼちゃの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のカミカミ期(生後9〜11か月頃)のかぼちゃの調理の仕方をご紹介します!
まとめて作ってストックしておくのも便利です。

管理栄養士のひとこと

離乳食の味付けは「薄味」が基本です。赤ちゃんが食べるようでしたら、塩や醤油、ソースなどの調味料をあえて使う必要はなく、素材そのものやだしの味で十分です。

MAMADAYSには今回ご紹介した以外にも離乳食の作り方動画がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

アレルギーについての注意点

レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

 必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

料理を楽しむにあたって

参考

授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版) 」(厚生労働省)

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当