保育園に行きたくない子ども 理由は? どう対処したらいい? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
保育園に行きたくない子ども 理由は? どう対処したらいい?

保育園に行きたくない子ども 理由は? どう対処したらいい?

保育園に「行きたくない」と言われたり、泣かれたりすると、どうすればいいのか悩みますよね。ママやパパ自身も仕事があるし、無理やり連れて行くべきか、子どものために休ませるべきか、葛藤もあるかと思います。この記事では子どもの登園拒否の原因や対処法について紹介します。
保育園に「行きたくない」と言われたり、泣かれたりすると、どうすればいいのか悩みますよね。ママやパパ自身も仕事があるし、無理やり連れて行くべきか、子どものために休ませるべきか、葛藤もあるかと思います。この記事では子どもの登園拒否の原因や対処法について紹介します。

保育園に行きたくない理由とその対処法

子どもが保育園に行きたくない!という理由は様々です。年齢や環境によっても異なります。

どんな理由があるか、体験談などを交えて紹介したいと思います。

ママやパパと離れるのが寂しい

朝登園をぐずったり、保育園についてから泣いたりするものの、ママやパパと別れてから数分で切り替えられているのであれば、離れるのが寂しいという理由が大きいです。

0歳、1歳で保育園に行きたくない理由のほとんどが、ママやパパと離れることが寂しいから。特に休み明けはこの理由で登園を渋ることが多いです。

「やーだーママがいい!」「パパと一緒に仕事いく!」と言われた経験もあるのではないでしょうか。

子どもは親のそばにいると安心できるため、離れがたくなってしまうんです。

※対処法

必ずお迎えに来ることを伝えましょう。保育士に引き渡したらその場を早く去ることも大切です。「泣いてないかな?」と気になりますが、ママやパパの存在に気付くとせっかく持ち直した気持ちがまた沈んでしまうきっかけにもなります。

送ったあとは保育士に任せ、笑顔で「保育園楽しんでね!」と子どもに伝えることも大切です。

泣いているからといってママやパパが不安そうな顔をすると子どもにも伝わります。

心配な気持ちをこらえて、子どもを信じて離れたほうが結果的に子どもにとってもよかったりします。

お友だちや先生とのトラブル

保育園のお友だちや先生と上手に関係が作れておらず、保育園に行きたくないと訴える子もいます。

前日「○○ちゃんとケンカしてしまった」「先生に強く怒られた(友だちが怒られているのを見た)」という理由で足が遠のくこともあります。

乳児クラスのときは個々で遊ぶことが多いですが、幼児クラスになると友だちと遊ぶことが増えるため、年齢が上がるにつれてこの理由で登園を渋ることが多くなります。ですが、これは成長の証でもあります。

いつもは楽しそうに保育園に行っていたのに、急に登園を嫌がるようであれば、まずは子どもに理由を聞いてみましょう。

※対処法

子どもに登園を嫌がる理由を聞きます。話を聞くときは、ほかに人がいないとき(お風呂の時間や寝かしつけの時間)を狙い、テレビなどがない静かな空間で行うほうがよいでしょう。

「○○ちゃんとケンカしたから」「△△先生が怖い」といった理由がすぐに出てくるのであれば、担任の先生に伝えて仲を取り持ってもらってもらうのが一番です。

先生のことで子どもが悩んでいるのであれば、怖がっている先生以外の先生に相談するのも一つの手です。前年度の担任の先生や主任、園長先生など、ママやパパの相談に乗ってくれる保育士は担任だけではありません。お迎えのときなどに声をかけてみましょう。

理由を言えない場合は、担任の先生に「子どもが保育園でなにかあったようだが、教えてくれなくて困っている」という旨を伝えて先生から聞いてもらうという手もあります。

もしも「○○ちゃんに嫌なことをされる」という嫌なことが度を越えていたり、長く続くようであればそれは別の問題になってくるため、保育園側に状況を提示してもらいましょう。

園生活で苦手なことがある

保育園の生活の中で「昼寝が嫌い」「ごはんが嫌」という理由で登園を渋ることもあります。

家ではある程度自由にできても、集団生活にはルールが存在します。

家では昼寝をしないのに保育園では昼寝をしなきゃいけないから嫌だという子は、意外と多いです。

朝、保育園に行く準備は楽しそうにしていて、いざ保育園についたら嫌そうな顔をするようであれば、園生活で苦手なことがある場合が多いです。

※対処法

保育園での子どもの様子を担任の先生に聞きます。

「普段、家ではお昼寝しないんですが、保育園では寝ているんですか?」「ごはんってどうやって食べていますか?」という些細な会話の中から、思い当たることが出てくることもあります。

ごはんの量が多くて嫌なのであれば、「食べる前に減らしてもらう」、お昼寝が嫌なのであれば、「寝なくていいけど横になることは必要」と、その子独自のルールを決めることで解決につながることが多いです。

進級や行事前の心境の変化

入園や進級による心境や環境の変化で保育園に登園したくないという子は、毎年クラスに数人います。

特にしっかりした女の子に多く、急にどうしたの?という状況になることもあります。

保育園が嫌な理由が特になく静かに泣くことが多い、朝だけではなく日中も不安定な状況が続く、行事前や進級前であることが重なっていれば、この理由であることが多いです。

※対処法

4月に入って新しいクラスになった瞬間に、今までの登園拒否がうそのように治ったりすることもあるため、様子を見るというのも一つの手かもしれません。

「○○組になったらなにがしたい?」というポジティブな声掛けや、「○○ちゃんは一緒に○○組になるんだよ」といった仲のよい友だちとは離れない安心感を伝えるのも手です。

こればかりは時間が解決してくれることも多いので、あまり躍起にならず、家庭で子どもの話を聞いたりおでかけしたりして休日に気分転換を心がけましょう。

ママの妊娠や下の子が生まれたから

弟や妹が産まれたことがきっかけで、登園拒否をする場合もあります。まだ妊娠初期なのに、急に嫌がるということもあったりするので、子どもの神秘的な力は侮れません。

子どもは、赤ちゃんにママやパパをとられてしまったようで、複雑な気持ちになっているのでしょう。赤ちゃん返りの一つでもあります。

ママやパパ、そして赤ちゃんは家にいるのに、自分だけ保育園に行かなければならないということで、疎外感を覚えて登園拒否につながることも。

※対処法

産まれて直ぐは難しい面もありますが、上の子だけの時間を作るのが効果的です。

下の子はパパやおばあちゃんに預けて上の子と2人きりでおでかけしたり、ごはんを食べに行ったりする時間を作りましょう。

また、育休中毎日登園するのではなく、週に1回、2週間に1回程度お休みして家で過ごす日を作るのもよいでしょう。

体調が悪い

登園拒否の理由の一つに体調が悪いという可能性も考えられます。

いつもより寝つきが悪かった、寝起きがいつもと違った、朝ごはんを残したなど

熱以外にもいつもと違ったところがあれば、体調が悪いということも考えられます。

保育園に登園したあと、呼び出しがきた日は「そういえば朝、珍しく保育園嫌がってたな」ということが多いのも事実です。

※対処法

熱がない限り本当に体調が悪いか見定めるのは難しいものですが、親の「なにか様子が変だな」という勘はよく当たります。

子どもと話し、体調が悪いと感じたら、無理をさせず休ませてあげるのも大事です。

体調不良が治れば登園拒否はなくなるでしょう。

保育士コラム 登園拒否は時間が解決することも

保育園への登園拒否が続くと親も参ってしまうもの。毎朝続けられると、仕事に対するモチベーションの低下にもつながりますよね。

登園のときに大きな声で泣いて、引きずられるようにして教室までやってくる、そんな状況をよく見ているので気持ちがよくわかります。

ですが、登園拒否をしなくなるときはある日突然訪れます。

昨日まであれだけ泣いていたのに「ばいば~い」と笑顔で手を振られた日には、保護者と保育士のほうが感動で泣いたときもありました。

働くことに罪悪感を持つ保護者であれば更に、子どもの登園拒否は特につらいものですが、ネガティブに考えるよりも前向きに考え行動していくほうがお互いのためになります。

お休みの日は普段離れている分たくさん愛情を注いであげましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当