【小児科医監修】生後6か月の赤ちゃんの気がかりQ&A | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
6か月赤ちゃん

【小児科医監修】生後6か月の赤ちゃんの気がかりQ&A

髪の毛が薄いのですが……?

  • 心配いりません。

    生後3か月ごろから髪の毛の生え変わりが始まり、産毛は1歳くらいには役目を終えて抜けていきます。生え変わった赤ちゃんの髪は、はじめは細くやわらかいのが特徴です。だんだん太い髪の毛に変わっていくので、今、薄いからといって心配する必要はありません。

服は何枚着せてあげるべきですか?

  • 寝返り以降は大人と同じ。

    「子どもは体温が高いので大人より服は1枚少なく」とよくいわれます。しかし、それは1歳を過ぎて歩きだしてから。外気温の影響を受けやすい新生児のころは、大人より1枚多く着せて、体温を下げない工夫が必要です。寝返りができるようになったら、大人と同じ枚数にします。
    外出時はブランケットや薄手の羽織りもの、ベストなど、気温によって調節しやすい服を持ち歩くと安心です。

なんでもなめますがばい菌は大丈夫でしょうか?

  • 心配ありません。ただし誤飲には注意。

    赤ちゃんは、ものをなめることで、自分の周りの世界を認識しています。ママからの免疫もそろそろ切れるこの時期、なめることで適度にばい菌を取り入れるのは、免疫力がつくので丈夫な体作りに役立ちます。どうしてもばい菌が気になるときは、洗えそうなものは水洗いしてしっかり乾燥させたり、布製のものは洗濯しましょう。
    なんでも口に入れてしまいますので、誤飲のもとになるような直径4㎝以下の小さなものは、手の届く範囲に置かないようにしましょう。

赤ちゃんのかぜ予防策はありますか?

  • うつさないように大人は手洗い、うがい、マスクを。

    家族は帰宅したら手洗い、うがいをし、すでにかぜをひいているならマスクをしましょう。インフルエンザが流行する時期のおでかけは必要最小限にして、人混みには出ないほうがよいでしょう。

まだ寝返りをしません。

  • もう少し見守りましょう。

    赤ちゃんにはそれぞれ個性があり、一人遊びが好きな子やママの抱っこが好きな子、寝返りに興味がない子などさまざま。試しにうつぶせにしてみて、頭をグンと上げるか見てみましょう。上げるようならば、あとちょっとで寝返りします。
    体重の多い子はやや遅い傾向もありますが、問題ありません。体重の軽い子でも寝返りに興味がなければやらずに、おすわりに進む子もいます。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次

  • 出典

    最新版 らくらく あんしん 育児
    土屋恵司監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事