産婦人科医が答える! 悩み・疑問Q&A 低用量ピル編 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
W00821_低用量ピル_疑問

© 2015 every, Inc.

産婦人科医が答える! 悩み・疑問Q&A 低用量ピル編

前回「MAMADAYSお悩み相談室」では、吉村先生に月経困難症の治療の第一選択は低用量ピルであることをお伺いしました。
今回はMAMADAYSのInstagramのストーリーズで募集した、低用量ピルについてのお悩みについて産婦人科医の吉村泰典先生に質問します。
前回「MAMADAYSお悩み相談室」では、吉村先生に月経困難症の治療の第一選択は低用量ピルであることをお伺いしました。
今回はMAMADAYSのInstagramのストーリーズで募集した、低用量ピルについてのお悩みについて産婦人科医の吉村泰典先生に質問します。

ピルについてMAMADAYSユーザーから吉村先生に質問!

22歳、0歳児のママ
完母なのですが授乳中に飲めるものはありますか?
  • 産後6ヶ月以降は、医師がピルを服用可能と判断したら再開できます。

    低用量ピルの再開については、産後6ヶ月以降になるとベネフィットがリスクを上回り「内服してもよい」ということになっています。

    ただ、授乳中、ピルが赤ちゃんに与える影響ははっきりしていない部分もあるんですね。できれば僕は授乳中は控えたほうがいいんじゃないかなとも思います。

    もし避妊を目的とする場合には、産後に生理が(月経)が再開しているかどうかによっても違いますけれど、ほかの避妊方法をしておいたほうがよいような気もしますね。

    ただし、医師に向けて低用量ピルの処方について書かれた「OC・LEPガイドライン」では、産後6ヶ月以降はピルを飲んでもよいということになっています。

    それぞれのお母さんで産後の静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)のリスクや、産後の妊娠する確率、月経に関連した症状なども変わってきますから、かかりつけの医師にピルの内服について相談してみるとよいでしょう。

吉村泰典先生
吉村泰典先生
産婦人科

出典:「OC・LEPガイドライン 2020年度版」公益社団法人 日本産科婦人科学会/一般社団法人 日本女性医学学会

36歳、5歳児と2歳児のママ
閉経まで飲み続けなければいけないのか?何年も飲み続けることによる影響は?
  • 一般的に50歳以降はピルを内服せず、ホルモン補充療法(HRT)に移行します。

    これはなかなか難しいんですよね。
    何歳までピルを飲んでいいかということに対して、意外とコンセンサス(一致した意見)がないんですよ。

    ただピルは、定期的な医師の診察のもとであれば、長期間飲み続けても大きな問題はありません。健康上問題がなければ閉経まで飲み続けられます。

    40歳以降では静脈血栓塞栓症のリスクが高い糖尿病や、肥満傾向、高血圧など持病などがある場合にはそれぞれ主治医に相談のもと内服が必要ですね。

    医師によっても意見に違いがありますが、50歳以降はピルはやめておいたほうがいいということですね。これは言えるんですね。

    閉経期になると、ピルの女性ホルモン量は閉経期の女性ホルモン量を超えます。
    更年期障害にとって必要なホルモンの量よりもピルのほうが含まれているホルモンの量が多いので、50歳以降は、飲まないほうがいいですね。

    45〜50歳くらいの間で、ピルから「ホルモン補充療法(HRT)」に変えていきます。

    45、6歳でいったんピルをやめて、更年期障害とか、色々な症状が強いようだったら、ホルモン補充療法に変えていくのがよいでしょうね。

吉村泰典先生
吉村泰典先生
産婦人科

ホルモン補充療法(HRT:Hormone Peplacemant Therapy)とは?

ホルモン補充療法とは、閉経前後の時期に少なくなっていく女性ホルモン(特にエストロゲン)を薬で補充する治療方法です。

ホルモン補充療法では、1日に補充するエストロゲンの量は、低用量ピルの約1/5と少量です。

更年期の不快な症状(疲れやすさ、のぼせ、頭痛など)を改善させる目的で使用されます。ほかにも骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防や改善、動脈硬化の予防にも効果があるとされています。

乳がんの経験者や治療中、静脈血栓塞栓症になったことがある場合などではホルモン補充療法は受けられません。

開始する前には、医師に十分に相談することが大切です。

29歳、1歳11ヶ月児のママ
副作用としての不正出血がありますが、毎月続くような場合は何か問題はないのでしょうか?
  • 最初の1〜2ヶ月は不正出血がよく起こります。長引いたり、ひどくなるときには医師に相談しましょう。

    「不正出血」、これは副作用としてよくありますね。
    ピルを飲み初めの1周期は結構ある人が多いです。2〜3周期になるとだんだん減ってきます。
    おそらく3ヶ月以降はほとんどありませんので、はじめのうちはあまり心配する必要はないと思います。

    ただし、不正出血がひどくなったり、長引くときには医師に相談しましょう。
    妊娠していたり、何か病気が隠れていたりしないか検査を行います。

    何も異常がみられなければ、そのままピルを飲み続けることができます。

    不正出血が長引いたり、自分の体に合わないと感じたりするときには、別の種類のピルに変更したりもします。

吉村泰典先生
吉村泰典先生
産婦人科
20代、2歳児のママ
最初の3ヶ月ぐらいはPMS(月経前症候群)も軽くなり効果を感じられたが、だんだんとまたイライラしたり情緒不安定になり、効果が感じられなくなった。月経困難症治療薬のピルを飲んでいるのにPMSがよくならないのはなぜか。
  • ピルだけではPMSの改善が難しいこともあります。

    これは、ピルを飲んでPMSが一時軽くなったのですね。

    ピルは現在、「1相性(いっそうせい)」と「3相性(さんそうせい)」とあるんですけれど、PMSの場合は「1相性」を用いることが多いですね。「1相性」というのは女性ホルモン量が一定のものです。

    PMSは、ほとんどホルモンの状態としては正常なんですよ。排卵が終わって生理が始まる前までに、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えます。
    そして、生理が終わって次の排卵までにはエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えるというふうに。排卵もちゃんと起こっている人が多いです。

    PMSは、このホルモンバランスが変動することが影響するとされているので、ホルモン量が一定の「1相性」のピルを治療として使用します。

    ただPMSは、女性ホルモンも影響しますが、それだけで起こってくるというわけじゃないんですね。

    はっきりと原因がわかっていない部分もありますが、ストレスや精神的な問題も影響したりします。漢方薬やそのほかの薬、カウンセリングを受けることも必要になりますね。

    PMSはピルで効果がある人もいれば、ピルだけでは治らないケースもある。
    症状が重くなるにつれてピルだけでは効果がないこともあります。

    そのときは身体的・精神的症状に合わせて、別の治療法も行う必要があるということですね。

吉村泰典先生
吉村泰典先生
産婦人科

1相性ピル、3相性ピルの違い

1相性ピル:エストロゲンとプロゲステロンの配合量が一定で変わらないピル。

3相性ピル:エストロゲンとプロゲステロンの配合量が3段階に分かれているピル。

服用する順番が決まっている。副作用を減らすために、自然のホルモンのリズムに近づけている。

※2相性ピルは、現在日本では使用されていません。

26歳、2歳児と3歳児のママ
妊娠を希望したとき、ピルの影響はあるのか
  • ピルの服用を止めれば妊娠が可能です。

    ピルを飲んでいるからといって妊娠しにくくなることはありません。妊娠したくなったらピルを止めれば大丈夫です。

    ピルの内服をやめるとだいたいの人は、3ヶ月以内に排卵が再開して、妊娠できる状態となります。
    長期間ピルを内服しても、中止したあとの妊娠する確率は変わらないとされています。

    おなかの赤ちゃんに影響するということもありません。

吉村泰典先生
吉村泰典先生
産婦人科

MAMADAYS編集部より

MAMADAYS編集部ではMAMADAYSユーザーを対象に、2021年4月21日から22日にかけてMAMADAYSのInstagram のストーリーズ内で「低用量ピルについてのアンケート」を実施しました。

お答えいただいたMAMADAYSユーザーの皆様ありがとうございます。

産婦人科医への質問アンケートは不定期でMAMADAYSの公式Instagram のストーリーズで配信予定です。

次回以降も、MAMADAYSユーザーの皆様や編集部が気になる内容についてお伺いしていきます。

【注意事項】

本記事は子育て中のママ・パパ、生理に悩む女性に役立つ情報の提供を目的とし、診療を目的としておりません。

本サイトでは正確かつ最新の情報を提供できるよう最善を尽くしておりますが、掲載された情報に基づく判断につきましては、ユーザーの責任のもと行うこととし、ご自身の判断により適切な医療機関やかかりつけの病院などに相談・受診してください。

本サイトのご利用により万が一何らかの損害が発生したとしても、一切責任を負いかねますのでご了承ください。

連載の目次