【管理栄養士監修】離乳食のだしはいつから?市販のだしパックは使える? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【管理栄養士監修】離乳食のだしはいつから?市販のだしパックは使える?

【管理栄養士監修】離乳食のだしはいつから?市販のだしパックは使える?

昆布や鰹節などから取る「だし」は、赤ちゃんの味覚を育むためにおすすめの食材です。今回は、離乳食でのだしの使い方や、いつから与えたらいいの?市販のだしパックやだしの素は使ってもいい?といったママやパパの疑問にわかりやすくお答えします。
昆布や鰹節などから取る「だし」は、赤ちゃんの味覚を育むためにおすすめの食材です。今回は、離乳食でのだしの使い方や、いつから与えたらいいの?市販のだしパックやだしの素は使ってもいい?といったママやパパの疑問にわかりやすくお答えします。

離乳食のだしはいつから使える?

昆布だしや野菜だしは離乳初期から

だしには色々な種類がありますが、アレルギーのリスクが低い植物性の昆布だしや野菜のゆで汁で作った野菜だしは離乳初期(生後5~6ヶ月頃)から使うことができます。

初めて与える時は食物アレルギーの可能性も考慮して1さじからスタートし、赤ちゃんの反応を見ながら徐々に量を増やしていきましょう。

ただし、昆布に含まれているヨウ素は、赤ちゃんの場合できるだけ超えないようにしたい量が大人よりも少ないため、離乳食に大人と一緒の昆布だしを使う場合は、5~10倍程度に薄めてから大さじ1杯以内を目安に少量のみ使うようにしたいです。

また、摂りすぎを防ぐためにも、1種類のだしを繰り返し使うのではなく、離乳食の進み具合に合わせて色々な種類のだしを使ってあげるとよいでしょう。

時期別の使えるだしの種類

離乳食にだしを使う場合は、赤ちゃんに負担をかけないようにその時期にあったものを選んであげることが大切です。

離乳初期(生後5~6ヶ月頃)から

・野菜だし

・昆布だし(5~10倍程度に薄めてから大さじ1杯以内を目安に少量のみ使う)

・干し椎茸だし

・かつおだし(昆布だしなど植物性のだしに慣れてから)

離乳中期(生後 7~8ヶ月頃)から

・煮干しだし

まず、離乳初期は植物性の昆布だしや野菜だし、干し椎茸のだしなどからスタートします。植物性のだしに慣れてきたら、動物性のかつおだしも使ってみましょう。

煮干しのだしはえぐみが強いため、魚や肉など色々な食材の味に慣れてきてからのほうが赤ちゃんはスムーズに受け入れてくれるかもしれません。

市販のだしパックやだしの素は使える?

市販のだしパックやだしの素には塩分や化学調味料などの添加物を使用している製品もあります。

塩分や添加物が入っていないのものを選べば離乳食にも使うことができます。選ぶときはパッケージの裏面に記載してある原材料の表示を確認しましょう。

離乳食のだしの使い方

きほんの使い方

離乳初期は野菜ペーストやお粥などをのばすときにだしを使います。離乳食が進んできたら、煮物の煮汁やスープなどにも使うことができます。

離乳初期のだしの使い方は、こちらの動画も参考にしてください。

はじめての離乳食、ゴックン期のにんじんの調理の仕方、本だけだとイメージが分からず不安に思っていませんか?
今回は基本のゴックン期のにんじんの調理の仕方をご紹介します。
まとめて作ってストックしておくのも便利です。

動画で作り方もチェック!

「だし」は初めての方でも簡単に作ることができます。赤ちゃんの味覚を育ててあげるためにもぜひチャレンジしてみてくださいね。

きほんの「昆布だし」や「かつおだし」の作り方はこちらの記事から動画が見られます。

【管理栄養士監修】離乳食の昆布だし|いつからはじめる?

昆布だしは昆布から抽出しただし汁のこと。
アミノ酸系の旨味成分であるグルタミン酸を含み、昆布だしを使用した料理は素材のおいしさを引き出します。
今回は離乳食の昆布だしはいつから与えられるのか、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

【管理栄養士監修】離乳食のかつおだし|いつからはじめる?

かつおだしは、沸騰させた水にかつおぶしを加えて再沸騰させてからこしたものです。うま味成分であるイノシン酸を豊富に含んでいるため、風味やうま味が増して素材の味が引き立ちます。今回は赤ちゃんにかつおだしを与える時期や、下ごしらえのコツなどをご紹介します。

管理栄養士のひとこと

赤ちゃんの味覚はとてもデリケートです。離乳食を始めたばかりの頃は、お粥や野菜ペーストなど、食材そのものの味を教えてあげることからスタートしましょう。

そして素材の味に慣れてきたら、だしを使うことで味覚を育む手助けをしてあげてください。

頑張って作った離乳食を赤ちゃんが食べてくれないと、悩んでしまうママやパパも多いと思います。そんな時はぜひ「だし」を使ってみてください。

だしに含まれる旨味成分は、赤ちゃんの慣れ親しんだ味である母乳やミルクにも含まれています。だしを離乳食のベースに使うことで、赤ちゃんの食が進む手助けになるかもしれません。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

お気に入り

関連する記事